ぼくの歌が君に届きますように―青春音楽小説アンソロジー

  • ポプラ社
3.21
  • (1)
  • (12)
  • (20)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591112007

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青春音楽小説アンソロジー。
    放送部あり、学生バンドあり、吹奏楽部あり、大先輩達との出会いあり、お母さんとの思い出あり、と盛り沢山。
    特に高校生のお話はキュンとします。
    タイトルの「ぼくの歌が君に届きますように」に負けないくらいときめかしい台詞とシーン多数。
    バンドって、なんてまばゆいのか‥。

    でも1番よかったのは、高校生の登場しない大島真寿美さんの「ピエタ」。
    エミーリアとアンネッタとヴィヴァルディ先生にまた会えてすごく嬉しい。
    アンソロジーの中の1つだから当然ではあるのだけど、さらりと終わってしまったのが寂しくて、また『ピエタ』を読みたくなってしまった。

  • 大島真寿美さんの「ピエタ」が一番好き。親に捨てられても、いつも音楽でいっぱいのピエタに来たことで、うつくしい音楽に出逢うことができ、悲しみもピエタの音楽で癒されてきた。この音楽の揺りかごを壊してはならないと守ろうとするエミ―リアとアンナ・マリーア。この二人とピエタ慈善院の物語がもっと読みたいと思いました。

  • アンソロジーはやっぱりどうしても、好き嫌いが出てしまう。それでも色々な作者の物語に触れることができるので、たまに読んでしまうのだが。

    peacemakerは爽快感があった。みんなが自分のできることを、等身大で、がんばる。素敵だった。

    ティーンエイジ・ライオネットはバンドの話。
    嫌いじゃないけど…という感じ。バンドマン、っていう感じ…

    晴れた空に、ブラスが響くは吹奏楽部員のお話。
    甘酸っぱい話で嫌味なく読めたのに、終盤で、私にはすごく残念な展開…最後の最後で主人公の奈緒がいやになってしまった。

    ど派手じゃなけりゃロックじゃない!は好き嫌いあるだろうなぁと感じる、ロックの話。ロックの好きな人はまさにこう言うことなのだろうと…

    カモメたちの歌は、少し陰のある話だった。
    軽快に暗くたんたんと進んでいく。でも、読んでいて止まってしまうこともなく、軽快にお話が終わる。嫌いじゃない。

    ぼくの歌が君に届きますようには、孤児院を包む素敵な音楽のお話。音楽の柔らかさを描いたような話だった。

  • 【もっと読欲】
    小説です。
    短編小説集です。
    それぞれのつつぎ読みたい。

  • 6作品ある中で、ちゃんと読めたのは3つ。
    そのうち面白かったのは川島誠の「カモメの歌」
    母親を殺された男の子の話。淡々としているからこそ、真実を知りたくなる。
    短いお話だから、それは叶わないのだけど。
    川島誠は短編を何度か読んだことあるけど、長編をそのうち読んでみたいなと思う。

  • 知らないロックの話も多くて分からない部分もあったが、一通りサクッと読めて良かった。
    個人的には「晴れた空に、ブラスが響く」が好きだった。
    関西弁で語られるのも良かったし、可愛い感じに仕上がっていたから。

  • 音楽にまつわる短編集。
    丁田政二郎さんだけお初。声優・俳優のかたわら作家デビューした人らしい。
    ロッカーの若者たちとジーサンたちのセッションのお話。
    未熟で可能性いっぱいの子供と、素敵な大人が出会う話は好きだ。
    天野純希さんも風野潮さんもそれぞれらしい青春短編。
    大島真寿美さんの「ピエタ」はもしかしたら後で同名単行本になった奴かな?
    単行本は気になりつつまだ読んでいないので、もう一度チェック。

    装幀 / 飯田 武伸
    カバー写真 / 田淵 陸深
    カバー・本文イラスト / 市川 市

  • 「Heart Beat」に比べて音楽のジャンルが多様で良かった。小路さんのピースメーカーは前作を読んでいたのですんなり読めた。ピエタはこの長さが心地良かったが、長編も読んでみたい。

  • 青春音楽小説アンソロジーで、
    天野純希さん、小路幸也さんなど6人の作家の短編集が収録されている。
    青春ど真ん中の世代の主人公たちが、音楽とともに過ごしている様を描く。
    バンドだったり、歌だったり、吹奏楽だったり。
    青春ど真ん中なのに、出て来る曲は古い気がする。
    ビートルズだったり、レッドツェッペリンだったり。
    どっちかというと、今まさに青春している人よりも、その時代の熱気を知っている大人の方が楽しめるんじゃないかと思う。
    きっと読んでいて懐かしいはず。
    それなのに、言葉とか習慣とかは今風だ。
    ちぐはぐ感もあると思う。
    けれど、それ以上にスカッとする。
    スピード感がある気がする。

  • 「晴れた空に、ブラスが響く」風野湖-がキュンキュンする内容で一番面白かった。ブラバン仲間の先輩と後輩に想われる女の子の話。少女漫画のようですね。

全28件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1979年愛知県生まれ。2007年『桃山ビート・トライブ』で第20回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2013年『破天の剣』で第19回中山義秀文学賞を受賞。他の著書に『戊辰繚乱』『信長 暁の魔王』『覇道の槍』『北天に楽土あり 最上義光伝』『衝天の剣 島津義弘伝(上)』『回天の剣 島津義弘伝(下)』『蝮の孫』『燕雀の夢』『信長嫌い』『有楽斎の戦』など。

天野純希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする