世界でいちばん小さな三つ星料理店

著者 :
  • ポプラ社
4.27
  • (11)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591112045

作品紹介・あらすじ

夢を描きにくい現代にあえて一石を投じる若き三つ星料理人の波乱の人生、仕事の哲学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読2016.01.21
    いやあ すごく面白かった。
    一度目と印象が違った。

  • 2つの道があったら厳しく険しく困難な方を選ぶ。自分から進んで試練を受け入れる姿勢にただただ感心。だからこその三つ星料理店である。

  • 高卒から板前修業を志、大きな夢を描き一流料亭で修行をする。
    一流になる人は、志が違う。
    大きな夢を持っているからつらいことも、嫌なことも勉強として頑張れる。
    またどんな世界でもマスコミ効果は計り知れない。
    ましてやミシュランに選定されることは、予約がとれないほどの効果がでる。
    一流の準備をしたものだけが獲得できる勲章だ。

  • 日本料理の人
    料理漬けの日々、青柳での修行?静岡で出店
    銀座進出、客が来ない日々
    マスコミに手紙を送り
    東京カレンダーに出てから起死回生

    銀座のママさんの支援も途中あり。

    ロブションのデシャップ台(料理チェック用)は
    普通よりずっと顔に近くチェックも厳しい

    料理の技法についての話はほとんどなし
    ワインと日本酒の可能性を試す人

    店名の小十は陶芸作家の名前から
    店で使う皿類も焼いてもらった

  • 食に関するというより、奥田さんの自伝。
    人生山あり谷あり。
    出会いは人生を変える。

  • 青柳での厨房に入らせて貰えず、運転手・支配人の三年間、銀座出店後の不入りの日々。そしてミシュラン三ツ星。勇気を貰えました。

  • 平成進化論でかつて紹介された3つ星和食銀座小十店主の人生録。挫折の日々などもしっかり描かれていて良かった。ただなぜか一度目の結婚が書かれていないのは不思議。

  • ホームページに感想を書きました。
    「9回裏2アウト、逆転満塁サヨナラホームラン!!!」
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage030.htm

  • 何事も一生懸命やれば報われるという当たり前のようでいてなかなか実践できないことをやっているという印象だ。
    NHKの ドキュメンタリー 「ふたり」で奥田さんのことを知ったが、
    私には才能がないと涙する姿が印象的だった。

    ただ徳島の青柳で運転手をしながら3年も厨房に入れてもらえないのに小山さんとコミュニケーションと意思疎通がないのに驚く。
    現在の若者だったら3年も続かないのではないだろうか。

    ただ小さな店で三ツ星をとったのは素晴らしいが、やはり銀座だからだろう。
    銀座に移る前の静岡の花見小路の方が多くの人は喜ぶのではないだろうか。
    いずれにしてもがんばって仕事をする気持ちを後押ししてくれる本だ。

  • 読んでから、手元に置いておきたくて購入。

    実現に向けて努力を惜しまない行動力を見習うべき。

    ・やりたいこと、達成のために必要なことを書きだす
    ・同じところを毎日磨く。古くなれば美しくなるものがある
    ・常識に沿った対応
    ・哲学のある仕事

全12件中 1 - 10件を表示

奥田透の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
喜多川 泰
村上 春樹
村上 春樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

世界でいちばん小さな三つ星料理店はこんな本です

ツイートする