([え]2-26)黄金の怪獣 江戸川乱歩・少年探偵26 (ポプラ文庫クラシック)

著者 :
制作 : 春日 武彦 
  • ポプラ社
3.53
  • (3)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591112441

作品紹介・あらすじ

少年探偵団員からスリの疑いをかけられた玉村銀一君。身に覚えのないその悪事は、実は自分にそっくりの偽者が働いていた。銀一君のまわりで、次々に本物と入れかわる偽者たち。宝石店に、美術店に、そしてついに小林少年が…!すべてはニコラ博士の恐るべき陰謀だった-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少年探偵団員からスリの疑いをかけられた玉村銀一君。身に覚えのないその悪事は、実は自分にそっくりの偽者が働いていた。銀一君のまわりで、次々に本物と入れかわる偽者たち。宝石店に、美術店に、そしてついに小林少年が…!すべてはニコラ博士の恐るべき陰謀だった―。
    【解説/春日武彦】

  • 光子さん余りに迂闊過ぎるのでは。
    それにしても、二十面相は最後まで虎好きだったな。

  • 割とぞっとする設定。家族がいつの間に入れ替わってたら。。。

    現実にはここまでありえないだろうけど、今読んでも楽しめた。

  • やったよ、全26巻読破! 今回はそっくり人間による入れ替わりが行われるスリリングな展開。これ、シリーズの中ではかなり上手く明智を追い詰めた類の話のような気がする。
    まぁ、なんでニコラ博士というものがあるのに、黄金のトラの格好をしたのかは謎な部分もありますが、二十面相万歳ということで。

    さて、次は創元推理文庫で乱歩揃えて、大人向けの方を読みます。
    子供向けリライトされた旧版の27~46巻は、古本で出会えたら集めようかな…。

  • 1962年発表

  • 2010.08.05 読破

    解説/春日武彦

  • スリル感がたまんない。
    ニコラ博士は・・・だった。

  • シリーズ最後は、超人ニコラ博士に扮した怪人二十面相との対決。

    小林少年のニセモノまで登場して、シリーズ全体の中では、結構なピンチ状態にまでなっていた。小林少年は鉄格子の牢獄に閉じ込められるが、何の身体検査もされなかったところが不思議というか、読者サービスなんでしょうね。

    「そうじゃ。わしが生まれたのは1848年だよ」
    「じゃあ、おじいさんは、114歳ですね」

    なんてやり取りがあって、本書(ポプラ社刊)の発行年は昭和45年で、だとすると少年探偵団と僕らは同世代?と思ってみたこともあったが、執筆された年代もわかった・・・ということで、ちゃんちゃん。

    評点(満足度)は全巻読破!ということです

    (2010/6/17)

  • 少年探偵シリーズはいつか読みたいと思っていまして。

    子供向けなので楽に読めました。

    人間を改造(整形手術)してある人間とそっくりの人間を作り上げ、本人と入れ代わり、悪事を働かせる、といった内容。
    途中、これは本人か偽者かどっちだ?と読んでいる人にまで混乱をきたすトリックが面白かったです。

    『少年探偵団、ばんざぁい!!』

    (10,01,24)

  • 『超人ニコラ』
    少年探偵団の団員・玉村君がスリをするところを目撃した松井君。玉村君にそっくりな人間の仕業か。140年生きているというニコラ博士に捕まった玉村君。偽の玉村君が家族の元へ。玉村君のお姉さん・光子さんも自分そっくりなこじき娘と服を取り替えた為に入れ替わり玉村氏、玉村夫人も入れ替わられる。明智小五郎不在のなか捜査していた小林少年もとらわれる。ニコラ博士が企む宝石強盗。ニコラ博士のアジトで偽の小林少年と入れ替わった小林少年。明智小五郎もニコラ博士に捕まるが…。園井氏のダイヤモンド盗難予告。偽の明智小五郎と明智小五郎の対決。光る虎の正体。

     2010年1月4日読了

全11件中 1 - 10件を表示

([え]2-26)黄金の怪獣 江戸川乱歩・少年探偵26 (ポプラ文庫クラシック)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([え]2-26)黄金の怪獣 江戸川乱歩・少年探偵26 (ポプラ文庫クラシック)はこんな本です

ツイートする