([ほ]1-3)星新一時代小説集 人の巻 (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
4.30
  • (10)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114568

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 星新一に、こんな本があったなんて、知らなかった。
    江戸の初めから幕末までを時代背景とした五篇の短編を集めたもの。

    使われる言葉は平易で、文もすっきりしている。
    変に持って回った表現がなく、読むテンポも上がりがち。
    でも、自己の欲望に忠実に生きた人の浮沈や、運命に翻弄される人の姿などが印象的に残る。

    一番印象的だったのが、五篇の中でも最も長い「城のなかの人」。
    主人公は豊臣秀頼。
    邪悪から遠ざけられ、嫉妬もないような高貴な育てられ方をし、実に素直に育っていく。
    自分が「旗印」であることを理解し、淡白ではあるけれど、人の本質も的確に見ていくような聡明な青年だ。
    しかし、行動力がない。
    美しい大阪城に魅入られてしまったからだ。
    滅亡に近づく中で、自分が何を理解していなかったか、どこで間違ったのかを悟っていくのが痛々しい。
    高貴な若き君主が滅びていくことで刺激されるのか、太宰治の「右大臣実朝」を思い起こしてしまった。

  • 城と一体化するこころ、選択が正しいかはわからないが、むしろ城と生涯を共にする、胎児の感覚になぞらえる描写に圧倒された。まだ読み込む必要があるかもしれない。

  • 「城のなかの人」よかった!

  • 【寄贈】
    913.6 ホ (3) 登録番号10314

  • 初めて読む星新一が時代小説。

    歴史の激動期にその身を置いているはずの主役たちが、皆どこか諦観し、運命に翻弄されっぱなしの受け入れっぱなしというのが面白い。その淡々としている冷静な目線は、いっそ皮肉にも見えた。

    私の中で「後味悪い」で有名な星新一だが、この小説群はただ「後味が悪い、不幸だ」では終わらない静かなエネルギーを感じた。歴史物特有の世の無情さや儚さと言ったものが、それを緩和し、より味わい深い作品になっていると思う。

    「コンサルタント」という単語が平然と顔を出していたり、詐欺師や横領の話があったりと、ストーリーとしては結構近代的なものがテーマかもしれない。

    蛇足だが、水戸黄門や暴れん坊将軍みたいな時代劇をイメージして読むと、猫に顔面パンチされたような感覚に陥る。

  • 以前、「城のなかの人」を読んだはずだけどすっかり内容を忘れていた。

  • 「ショートショートの神様」星新一氏の短編時代小説集。
    戦国、江戸、幕末…と時代も様々であり、短編なので大変読みやすく、ページをめくる手が止まらない。
    私はこの本の短編集の中で、豊臣秀頼について描かれた「城のなかの人」に興味を持ち購入したのだが、どの作品も大変面白かった。
    歴史に詳しくない人でも物語としてスルスルと読めることだろうと思う。
    天・地と共に是非手にとって欲しい。

  • 豊臣秀頼の話は何回読んでも素晴らしい。時代小説ももっと遺していってほしかったです。

  • 星新一って時代小説も書いていたとは知らなかった。
    全5編の短編集。
    どれも星新一らしいオチがついてて、ニヤリ。
    佐幕も倒幕も「はんぱもの」とやきもきする小栗忠順目線の幕末話が面白かった。

  • 「城の中の人」「はんぱもの維新」こりゃあすごい。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

星新一の作品

([ほ]1-3)星新一時代小説集 人の巻 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする