乙女の花束

著者 :
  • ポプラ社
3.47
  • (6)
  • (14)
  • (20)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 118
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591116678

作品紹介・あらすじ

長野の山奥で育った天真爛漫な主人公・風子。祖父の命により、名家の令嬢ばかりが通う鎌倉の全寮制高校、桜の宮女学院で新生活をスタートさせるが、育ってきた環境の違いにより、異端児扱いされてしまう。しかし風子が持つ強さと不思議な魅力は、周囲のお嬢様たちの価値観や人生を少しずつ変えていき…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さらりと読了。

  • 昔、折原みとさんの少女小説を読んでいたことがあり、現在鎌倉付近に住んでいるため、興味をもってこの本を手に取りました。
    まず、鎌倉の景色の描写や、おみやげのお菓子など「鎌倉っていいな~」と思うところは沢山ありました。鎌倉においでの際は参考にしてみても良いかもしれません。
    話の内容は、悪くはないのですが、少し都合が良すぎるのではないかと感じるところも多々ありました。色々問題は生じますが、結局は主人公・風子がとても性格がよいので問題も解決して周りの方々も彼女のおかげでうまくいきました。というようなかんじです。シリーズで全3冊あるそうなので続きも読んでみるつもりですが、今作と同じような展開で進むのでしょうか…。

  • マンガみたいな小説。
    だから、展開が見えるし分かりやすい(笑)
    可憐な雰囲気は好きだけど、本当に昼ドラっぽい展開。

  • きらきらです。

    女の子の憧れがたくさん詰まっています。
    何に憧れるかにも寄るけれど。

    この本のシリーズを読んでたくさんのお菓子が食べたくなりました。
    花より団子なのです。

    どうしても食べたくて、
    銀座のキルフェボンにタルトを食べに行って、
    ローズマリーのクッキーを焼きました。

    シリーズの中で特にこの乙女の花束が好きです。
    ただの夢見心地の毎日だけじゃない、誰でも突きつけられるような現実の厳しさの中に生きてなお、幸せに過ごす方法教えてくれているような本です。

  • 時々、ふとした瞬間に読みたくなる一冊。自分が女子高育ちだからなのか?芯を強く持つ主人公が素敵だった。

  • 昔読んでた作家さんが、少し違った趣向で書かれてるという事で、図書館で借りて読みました。
    確かに普段の折原先生の小説と、書き方が違う感じです。

    読んでてこそばゆくなるものの、乙女な内容がぎゅっと1冊に詰まってて、時折読んでみたくなる1冊。

  • ひさしぶりに折原みとさんの小説を手にしました。
    ティーンズハートに夢中だった世代としては、三人称で書かれてる折原作品には少し違和感を感じましたが読み進めて行くうちに、らしいなぁという展開にホッとしたり(笑)
    クララ白書やマリみてを通過してる人には、あまりにもピュアすぎて物足りなく感じるかもしれません。でも、素直な展開は、折原さんらしい感じで、安心して読めました。

  • 少女趣味小説。
    古都鎌倉の全寮制のお嬢様学校が舞台。セレブで雅な世界。親友となる二人のルームメイト。意地悪な同級生。憧れのお姉様。明らかになる主人公の生い立ちなど,乙女の憧れが満載。

  • 元華族の子女が集う全寮制の名門桜ノ宮女学院に
    田舎暮らしの少女が入学する。

    続編を先に読んでしまったが
    こちらの方が更に乙女度高し。
    【図書館・初読・9/11読了】

  • 令嬢が通う学園。ライバルの嫉妬。憧れのお姉様とのひと時。隠されてた過去。そしてハッピーエンドと乙女要素てんこ盛り作品(*′艸')♡

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1985年に少女マンガ家として、87年に小説家としてデビュー。91年刊行の小説『時の輝き』が110万部のベストセラーとなる。講談社ホワイトハートの人気シリーズ『アナトゥール星伝』や同コミック版(ポプラ社)、KCデザートコミックス『天使のいる場所~Dr.ぴよこの研修ノート』『永遠の鼓動』、小説『制服のころ、君に恋した。』『天国の郵便ポスト』『幸福のパズル』(以上、講談社)『乙女の花束』『乙女の初恋』(ポプラ社)といったマンガ、小説の他、エッセイ、絵本、詩集、料理本、CDなどで幅広く活躍。2017年に小説家デビュー30周年を迎えた。


「2021年 『きみと100年分の恋をしよう 大人になりたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折原みとの作品

ツイートする
×