([る]1-6)黄金三角 怪盗ルパン全集シリーズ(6) (ポプラ文庫)

制作 : 米澤 穂信 
  • ポプラ社
4.54
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591116746

作品紹介・あらすじ

第一次世界大戦で右足を失ったベルバル大尉は、父の墓で、自分と美しい看護婦・コラリーにまつわる深い謎と不思議な運命を知る。やがて二人は、ルパンと敵国ドイツのスパイが「黄金三角」という言葉と、十億ドルもの金貨をめぐっての命がけの戦いに翻弄されていく…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルからして一攫千金的内容だったに違いないが、子供の頃は金銭欲がそれほど、というか全く未発達で、あまり面白いとは思わなかった。今読むとウハウハな話かもしれず、なんとも惜しい事をした。

  • タイトルからして一攫千金的内容だったに違いないが、子供の頃は金銭欲がそれほど、というか全く未発達で、あまり面白いとは思わなかった。今読むとウハウハな話かもしれず、なんとも惜しい事をした。

  • 第一次世界大戦で右足を失ったベルバル大尉は、父の墓で、自分と美しい看護婦・コラリーにまつわる深い謎と不思議な運命を知る。やがて二人は、ルパンと敵国ドイツのスパイが「黄金三角」という言葉と、十億ドルもの金貨をめぐっての命がけの戦いに翻弄されていく・・・。
    【解説/米澤穂信】

  • 懐かしシリーズ。
    これも少年探偵団と同時期に買ってもらって読んでいたなぁ。
    今読むとそうでもないが、
    当時この入替り設定は全く気がつかなかった。

    このシリーズを読むまで、
    ルパンと聞くと三世のイメージだったのだが、
    こっちの初代もカッコいい。

    さらに、ルパン三世が本当に孫の設定であるのを
    知ったのはさらにその後であった。

  • 小学生時代に読み耽った。表紙が何より興味をそそった。悪党なんだけども紳士。盗むし戦うし、解決するし。悪として善のスタイルは、善として破天荒のホームズよりカッコいいと思っていた。せっかくの復刻なので、もう一度読みたいと思う。

  • 傷病兵の世話をするコラリー・ベイ。彼女を誘拐しようとする一味を撃退した傷病兵バルベス大尉の率いる一団。バルベス大尉の部下ヤボンの活躍。銀行の頭取エサレ・ベイの屋敷に侵入したバルベス大尉。何者かに拘束されていたエサレ・ベイ。殺害された死体となった発見されたエサレ・ベイ。最初はコラリーを守るように行動していた秘書のシメオン老人の豹変。バルベス大尉とコラリーの親たちの関係。エサレ・ベイが奪ったフランスの軍資金三億フラン。エサレ・ベイが殺害したバルベスとコラリーの親たち。監禁されたバルベスとコラリーが見たバルベスの父親の残した手記。二人を救ったドン・ルイス・ペレナン。シメオン老人に誘拐されたコラリー。バシュロウ老人が語るシメオン老人の正体。

     2010年3月5日購入

全6件中 1 - 6件を表示

([る]1-6)黄金三角 怪盗ルパン全集シリーズ(6) (ポプラ文庫)のその他の作品

モーリス・ルブランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([る]1-6)黄金三角 怪盗ルパン全集シリーズ(6) (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする