らくだい魔女と鏡の国の怪人 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

著者 :
  • ポプラ社
4.42
  • (25)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 187
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591117378

作品紹介・あらすじ

うばわれた鏡像を追って、フウカたちは鏡の国へ。そこは、春夏秋冬の個性的な女神がいる、たのしいことがいっぱいの世界。なのに、どこかおかしくて、おちつかないの! しかも、フウカの鏡像は銀色の髪をしていて、さきに鏡の国をとびだしたほうが本物になるっていうんだけど……。金色の髪のフウカ、絶体絶命のピンチ! 累計50万部突破の女の子に大人気の魔女シリーズ、第11巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このお話に出てくる設定が素敵だなぁと思いました。
    私は春の女神が好きかなぁ。

  • “「これがあなたののぞんだ世界でしょ?それでもここからでたいっていうの?」
    まだバクバクする心臓をおさえながら、
    「あったりまえでしょ!ママもみんなもしんぱいするもん」
    「あら、ほんとうにそうかしら?」
    春の女神はふと口もとに意味深な笑みをうかべて、あたしを見つめた。
    「……どういう意味よ?」
    「だって、まさか、あの子のほうがあなたの鏡像だなんて信じられないもの。あなたよりずっとしっかりしていて、ずっとお上品だったわ。それにーー」
    と、くぎると、さぐるようなひとみをむけて、
    「それに、あの子は銀の城の子だっていっていたし。あなたはなぜ銀色の髪じゃないの?」”[P.70]

    11巻目。
    チョウチョウさんの正体が結構確信できる巻。
    幼い頃に大切にしていた物が〜っていうのは結構好き。

    “春の女神のお茶会ででてきたティーカップは、チトセと毎日あそんでいたころの楽しい記憶、ぬいぐるみは、心の奥にしまっていたかなしい記憶。
    夏の女神がかなでたオルゴールはママがこもりうたのかわりに、よく口ずさんでいた曲だった。
    それはまさしく、あたしのためにつくられた世界だったーー。
    あたしはファントムのすがたを見つめて、
    「でも、なんで?ファントムは夜ふかしする子を夢の世界にさらう、おそろしい怪人なんじゃないの?」
    「怪人にも、大切な子はいるさ。……つらい思いをさせてごめんね、フウカちゃん」
    あたしの名まえをよぶ、その声に、大きく目をしばたたいた。
    「その声……チョウチョさんの声ににてる」”[P.186]

  • らくまじょシリーズはとっても面白くて、何回読んでも飽きません*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • らくだい魔女シリーズ第11巻☆

全5件中 1 - 5件を表示

成田サトコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×