(049)膳 (百年文庫)

  • ポプラ社
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119310

作品紹介・あらすじ

想像力で食べたこともない旨そうな食べ物の話をし、雑誌に記事まで書いていた夫。役所の戸籍係だった亡夫を「食べもの」で回想する矢田津世子の『茶粥の記』(ほか一篇)。一代で財をなした稀代の吝稟家がはじめて客をまねいた珍妙な茶会(藤沢桓夫『茶人』)。商売は家の者に任せきりで金の無心ばかりしてくる夫。妻は苛立ち、家族の手前、恥ずかしくてならないが…。道頓堀の夜景ににじむ夫婦の情が愛しい上司小剣の『鱧の皮』。食べものの思い出が織りなす、味わいの四篇。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 茶粥の記がとてもよかった。

  • 矢田津世子『茶粥の記』は語り手の女の人がかわい。『万年青』はすごく好きな話。
    藤沢桓夫『茶人』ユーモラス。オチがある。
    上司小剣『鱧の皮』私からしてみれば別世界すぎて幻想的ですらある。

  • 矢田津世子『茶粥の記』『万年青』
    藤沢桓夫『茶人』
    上司小剣『鱧の皮』

  • 茶人の話がおもしろかった。

    語り手によって強烈なキャラのおじさんが描かれている。
    関西弁がまた妙にいい。
    落語のようなおちがあり、
    お茶会に行くたびに思い出してわらっちゃいそう。。

  • 資産家の老婦人と、その孫の嫁のおはなし。
    お嫁さんがとにかく!いい子!!
    作中のおでんが美味しそうです。
    最後は、きゅっと泣きたくなります。
    【熊本大学】ペンネーム:オモト
    ☆この本は熊本大学附属図書館中央館にあります。 
     請求記号 908 H,99 (49)

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、2階文庫本コーナー 請求記号908.3/H99/49

  • 和図書 908/H99/49
    資料ID 2010200725

全8件中 1 - 8件を表示

矢田津世子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする