前編 かいけつゾロリのだ・だ・だ・だいぼうけん! (47) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

著者 :
  • ポプラ社
4.07
  • (42)
  • (24)
  • (25)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 835
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119518

作品紹介・あらすじ

トレジャー・ハンター「ゾロンド・ロン」が、ガパール山のたからの地図を手にいれた。そんなニュースを聞いたゾロリは、一足先にたからを手に入れようと、ガパール山のあるガパパ村へと向かうことに…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子供たちに薬を届けられるのかドキドキしました。

  • 続きがよみたい

  • はんとしに いちどの おたのしみ、「かいけつゾロリ」のさいしんかん。
    こんかいは「ゾロリペン」と「おならスタンプー」がついている。

    ガパパ村の 小学校で、子どもたちが しましま病に くるしんでいるのをみた ゾロリ いっこう。
    くすりを つくるには「ぴっかりごけ」と「パープルストーン」のふたつが ひつようだという。
    ふたつの ざいりょうを もとめて、ゾロリ、イシシ、ノシシ、アリウス(小学校の先生)、ルクト(マロウはかせのじょしゅ)の5人は ガパール山へと むかった。
    トレジャー・ハンター「ゾロンド・ロン」との たいけつを へて、くすりは ぶじに かんせい!
    ところが、くすりが にがすぎるために こどもたちは のむことが できない。
    くすりを のみやすくするため、ゾロリたちは あらたな たびへ しゅっぱつした!

    「にがい くすりを のめない 子どもは たびに つれてはいけない」とゾロリに いわれて、「いやだあ。おら、ゾロリせんせと たびを つづけたいだあ」となみだを うかべる イシシが かわいかった。

    25さいに なって「ゾロリ」の しんさくが でるたびに かっているのは ちょっと やばいなあと おもうけど、いつか じぶんが おとうさんに なることが できたら 子どもに よみきかせ してあげたいな。

    レビュー 1ばん、おいらが いただきだい!

    (「ゾロリ」仕様で、漢字を あまり つかわずに かいた。
    ぶんせつで くぎると すこし よみやすい)

  • ゾロリとアリウスが冒険をしているから僕も冒険をしてみたいです。絶体絶命の冒険です。

    • daigohyakushimaさん
      絶対絶命の冒険には行かないで下さい(-_-;)
      絶対絶命の冒険には行かないで下さい(-_-;)
      2020/01/11
  • ゾロリがアリウスに、かっこいいところを見せようとがんばっていたのがすごかった。ゾロリが、ぼうけんじゃなくて、けっこんするというへんなけいかくをこっそり立てていたのが、ゾロリてんさいとおもいました。
    本というものは、つづきがあったらつづきをよまないとたいへんなのです。こうへんをかりてくるのをわすれてざんねんです。(小2)

  • ゾロリって100歳超えてるの?!という衝撃の一冊。

  • [墨田区図書館]

    「かいけつゾロリ」シリーズの第47巻。
    ??何か登場の仕方が若々しかったから、赤い飛行機とゾロリが結びつかなかったけれど、途中でやっと同一人物か!と確証が得られると、ゾロリのお父さんがやっぱり生きていてしかもちゃーんと出てきたことに、少しワクワク。でもこの書き出しだと、赤い飛行機とさえ同一人物として書いているのかどうかが分からなかったよ(笑)

    それにしてもあまりにも"しっかり"してきたゾロリは、折角出会えたし似ていると思われたのに、"息子認定"されなかったね。よっぽどママっ子だった設定なんだね。

  • あの謎の伝染病を治す薬なんかあるのかな。

  • 今回はゾロリのお父さんらしき人(きつね?)もでてきてます。
    「悪党」のはずなのに、いつものように結局「人助け」
    毎回、子どもが借りてきた本なのに、読んでしまいます。

  • 2012年長男小2夏休み。親子?でブームのゾロリ。だ、だ、だだいぼうけんを図書館で借りてきました。今年の12月に映画化されるとのこと。下巻も運良く借りられるといいのですが…。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

児童文学作家、イラストレーター。1953年熊本県生まれ。1974年KFSコンテスト・講談社児童図書部門受賞。主な作品に、『ちいさなもり』『プカプカチョコレー島』シリーズ、『よわむしおばけ』シリーズ、『ほうれんそうマン』シリーズ、『かいけつゾロリ』シリーズ、『ザックのふしぎたいけんノート』シリーズ、『にんじゃざむらいガムチョコバナナ』シリーズなどがある。

「2021年 『第88回(2021年度) NHK全国学校音楽コンクール課題曲 小学校 同声二部合唱 好奇心のとびら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原ゆたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×