ぼくらのミステリー列車 (「ぼくら」シリーズ)

著者 :
  • ポプラ社
4.24
  • (11)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • H29年度イベント「ブックリンク~本でつながる心と心~」で、中学生が紹介してくれた本です。

  • こどもが小学校で借りて来た本だけど、「ママどうぞ」とすすめてくれた。

    宗田理さんって有名だと思うのだけど、実は読んだのは初めてで。
    すごく・・読みやすかったし、一気に読めた。

    「次はどうなる?どうなる?」ってドキドキしたし、一気に気持ち良く解決するあたりも小気味よかった。

    ただ、シリーズものの途中だったから、人間関係やキャラが・・いまいち分からなかったのが残念。「キャラ」が重要な私だから、そこが物足りなかった気がするなぁ~。

    こども自身が読めばいいのにねー。(笑)

  • 高校2年生の夏休み、英治たちは鈍行ミステリー列車の旅を企画した。
    面白いのだけれど、読みすぎて食傷気味。次作は間をあけようと思います。

  • チビ1号、小学校にて

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

ぼくらのミステリー列車 (「ぼくら」シリーズ)のその他の作品

宗田理の作品

ぼくらのミステリー列車 (「ぼくら」シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする