終わらない怪談 赤い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

著者 :
制作 : 竹岡美穂 
  • ポプラ社
3.79
  • (7)
  • (10)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119648

作品紹介・あらすじ

新居の屋根裏で、『赤い本』という怪談を見つけたわたし。本を読み進むうちに、自分のまわりでも同じような恐怖が起こり始める…。やみつき必須の怪談短編集。小学校上級〜。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怖いです。夜に一人で読むなら…、無理!ちょー怖いです。女の子良く読む勇気があったな~とおもった。

  • これ小野不由美さんの怪談話と同時に読んだんだけど、自分がどうして怪談が好きなのか、あらためて気づかされた。よくできた怪談って、話の筋立てがちゃんとしてて、オチが間違いない。それに加えて怖さという娯楽を十分に提供できる上手い書き手による怪談だったら、そりゃ面白いよな、とつくづく思った。

  • (2014-05-04)

  • 4-2
    おにごっこ 13分

  • 怪談は好きではないので低い評価ですが、怪談好きな人には面白いと思います。
    嫌いな私が白い本を読もうかどうしようか迷うくらいなので。

    黒い本と続けて斜め読みしたので、余計になんだかわからなくなった。
    これから読む方は二冊じっくり読むことをおすすめします。

  • 小学生高学年に人気(らしい)
    怖い話
    シリーズ1巻め

    けっこうこわい〜

    屋根裏で見つけた本と
    現実が微妙にリンクしてるのがこわい

    ひとりで部屋でこわい本読むってけっこうハードル高いような‥

  • 本の中と話がおんなじなんて!?

  • 子どもたちに「怖い本が読みたい」と言われることがよくあります。緑川聖司さんのこのシリーズ本は、どれもはずれがない。1ページ読み始めると止まらなくなってしまうのです。本を読むことの想像力をおおいに引き出してくれる本です。

  • 引っ越した家の屋根裏にあった『赤い本』。怪談話が入っているその本を読み始めると、中身は自分とそっくりの話から始まった。そうして本を読み進める内に周りで不思議な出来事が起こり始め、本の話が現実と重なっていく…

    入れ子構造になっている怪談本。中に入っている怪談も怖い、それがどんどん現実とリンクしていく…(実際はそれもまぁ物語なんですが)。その構造がより怖さを増していて、子どもには面白いかな?

  • 購入日:2010/07/22
    読了日:2010/07/23
    こっちは『黒い本』ほど、シンクロ率は高くないように感じた。
    主人公と本の中身はくっきり分かれて見えたし。
    あと、割と救いのある話が多かった。

全11件中 1 - 10件を表示

終わらない怪談 赤い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)のその他の作品

緑川聖司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
ヨシタケ シンス...
柏葉 幸子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする