あなたを独りで、泣かせはしない (ポプラ文庫ピュアフル)

著者 :
  • ポプラ社
3.75
  • (19)
  • (16)
  • (19)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :166
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 32歳の作家の男性と、高校三年生の女子高生の恋愛もの。年の差の恋愛ものが好きなのでハマったわー!

    楡井さんといえば『はじまりの空』も、女子高生と年上の男性との年の差恋愛ものでしたが、今回は「作家の男性」という好きな設定のキャラが出てきたので、引き込まれ度UP。
    「はじまりの空」のように、男性にちょっと気弱というか迷いのある部分が描かれていて、それゆえに女子高生とすれ違いながらも、最後はわかり合う。
    王道のストーリーでした。いやー良かった。
    で、そのイケメン店員がいる喫茶店はどこですかね。

  • こうした恋愛が一般ウケするか否かは置いておいて、私は楡井さんの描く「年の差恋愛」がものすごく好きだ。

    何より少女漫画的展開になりきれないところが、いい。

    『はじまりの空』から注目させていただいていて、ここで更に深まったなぁと思う。

    一途な想い、その姿を客観視しては躊躇する自分。
    そして触れられない部分と、知りたい過去の長さ。

    大人になりたい、子供でしかない、そんな熱さと我儘さを持ち合わせた主人公が可愛い。
    大切な一冊である。

  • 主人公の優希の描写が女子高生らしく、まっすぐで、悟さんに惹かれていく過程は可愛らしいものがあるのだけど、悟が優希に惹かれるのが早すぎじゃないかな?
    ぎりぎり条例違反にはならないのかな……。
    15歳も年上で、女子高生に手を出すんだから、もうちょっと悩んでもいいのでは?

  • 再読。これ、読んでたらつい秋山悟の顔を友だちの男の子にしてしまう。彼でイメージが出来上がってて。彼の顔と女子高生の恋愛とか想像してきゅんとしちゃったり。単なる妄想ですが。恋は突然、おちるものなんだなぁと懐かしくなる。恋愛って遠い。好きになるだけなら勝手だけど気持ちを相手に向けるのって確実じゃないし、心は疲弊する。32の男が17歳の女の子と恋愛ってあかんやろーとか普通は思うけど、この小説なら許せるのはロマンスだからかなぁ。悟の存在はずるいと思うけど。

  • 年の差恋愛でどきどきしたり、不安も募るが、二人には幸せになってほしい!
    悟さんみたいな男性は素敵だと思うし、主人公である、大人びた優希にはどきどきさせられる。

  • 17歳の女子高生と喫茶店で働く32歳の年の差恋愛。

    友達の誘いで訪れた喫茶店で出会った二人。
    第一印象は最悪だったが、彼の入れたコーヒーの虜になった彼女は、その後も一人で喫茶店を訪れる。
    次第に二人の距離は縮まり付き合い始めるが、彼は心に大きな沼を持っていた。


    15歳の年の差、そんな恋愛を経験したことはありませんが…17歳の彼女にはものすごく共感ができました。
    17歳という微妙な年齢の、悩みだったり不安定な心情がすごくわかりやすく表現されていて、感情移入しやすかったです。
    相手が大人だからこそ、簡単に甘えたり頼ったりってしにくかったりするんですよね。
    そのもどかしい感じがよく伝わってきて、なんだか読んでて胸が苦しくなりました。

    32歳の彼は、なんていうか年の割に可愛いところがあって。
    大人なのにわがままだったりして、なんかそういうのがキュンでした。
    でもやっぱり大人の男の人だなぁって部分もあって。
    そんなんじゃ女の子は傷つくに決まってるじゃないかってイライラしたりもして。
    完全に入りこんじゃってましたね。

    好きって気持ちの強さと脆さ。

    恋がしたくなる作品です。

  • じぶんと重ねすぎてやんだ。

  • 高校生と32歳の、歳の差恋愛小説。喫茶店かあ。

  • p10
    本物のコーヒーって、こういう味がするんだ。

  • 年の差恋愛は大好きなはずなのになんでこんなもやっとした気持ちになるんだろう…。読んでる間ずっと、些細なところで気持ちが引っかかって、その引っかかりが共鳴して不協和音になってた。主人公の性格と合わなかったのが原因である気がするので、まあ趣味に合わなかっただけだと思います。少女の危うさは好きだけど、現代の女子高生の危うさは鼻につく。男に抱かれるなとは言わないけどさ……
    解説者も言っていたけど、この主人公が最も幸運だったのは素敵な恋人に会えたことじゃない。素敵な友達がいたことだと思う。

全19件中 1 - 10件を表示

楡井亜木子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたを独りで、泣かせはしない (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする