([も]1-1)路地の匂い 町の音 (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591119945

作品紹介・あらすじ

下町ブームをつくった雑誌「谷中・根津・千駄木」の編集人として知られる著者が、生まれ育った町の話を中心に、東京の町について綴ったエッセイ集。生粋の「町っ子」ならではの視点で、そこに暮らす人々や店、路地や町角に息づく豊かな文化を描き出している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生まれたのは東京都荒川区。でも、生後1年も経たずに現在の実家が
    ある場所に越して来たので、ほとんど埼玉育ちである。

    だから、「東京へ行く」と言えば上野か浅草。このふたつの町は子供の
    頃から親しんでいるし、その周辺を散歩するのは今でも好きだ。

    なので、下町を描いたエッセイは大好き。タウン誌「谷根千」の編集人と
    して下町ブームの火付け役ともなった著者の作品も何作か読んで来た。
    勿論(?)未だに積みっぱなしの作品もある。

    本書も東京の町を題材にしたエッセイということで手にした。だが、何か
    が違う。短いエッセイを集めて1冊にしたものだから、統一感がないのは
    仕方ないのかもしれない。

    読んでいて違和感ばかりが増したのは、下町の良さを強調するあまり
    に、ほかのことを引き合いに出しているからなのかもしれない。

    東京の老舗の親しみ易さを説明するのに、京都の老舗を持ち出すのは
    いかがなものか。

    なかでも一番引っかかったのは、下町商店街とデパートの比較だ。
    こんなかけ離れた場所を比較して「下町商店街はサイコー」と言わ
    れてもなぁ。

    商店街は日常の買い物をするところ。デパートは特別な日の買い物を
    するところと思っているので、「こりゃやっちゃいけないだろう」と思って
    しまった。

    市民運動にも関わっているせいか、行間からほんのりと政治の匂い
    がするのも好きになれなかったな。この人のエッセイは、もう読まなくて
    もいいのかもしれない。

    あ…積んである本はどうしよう。汗。

  • 和図書 291.36/Mo45
    資料ID 20102005667

全2件中 1 - 2件を表示

([も]1-1)路地の匂い 町の音 (ポプラ文庫)のその他の作品

路地の匂い 町の音 単行本 路地の匂い 町の音 森まゆみ

森まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

([も]1-1)路地の匂い 町の音 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする