ルラルさんのたんじょうび (いとうひろしの本)

  • ポプラ社
3.61
  • (4)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591120408

作品紹介・あらすじ

きょうは、ルラルさんのたんじょうびです。にわのみんなといっしょにおいわいです。たんじょうびにはケーキとプレゼントそして…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もうすぐ3歳の誕生日を迎える娘に。

    ルラルさん
    おかあさんに感謝のたんじょうび
    予想外のストーリーでした
    ほっこり

  • 食いつき:★★★
    娘の感想:みんなでお祝いするところが楽しかった!
    親の感想:ルラルさんって妙にしんみりする時がある…

  • 978-4-591-12040-8 32p 2010・9・? 1刷

  • かわいいお話。

  • 音読の宿題で娘が朗読した『ルラルさんのぼうえんきょう』のシリーズ作。不思議なキャラのおじさん?が主人公。娘は何で動物達と話せるのか、と身も蓋もないツッコミ…(^_^)

  • 誕生日はお母さんに産んでくれてありがとうと感謝する日っていうルラルさんの言葉がとてもいいです。

  • 誕生日のない人だって、少なからずいる!そんな大切なことに気付かせてくれます。

  • ずっと一人で誕生日を祝ってきたルラルさんと、誕生日がわからない森の動物たち。
    今年の誕生日はみんなでお祝いしたルラルさんですが、お誕生日は生んでくれたお母さんを思う日だと教えられます。

  • 母の日に読むのもよさそう。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

1957年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。大学在学中より絵本の創作をはじめ、1987年、絵本『みんながおしゃべりはじめるぞ』でデビュー。ユーモラスで温かみのある作風の絵本や幼年童話を発表しつづけ、幅広い読者に支持されている。作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(国際アンデルセン賞国内賞、産経児童出版文化賞)、『おさるのもり』(野間児童文芸賞)、『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社出版文化賞絵本賞)、「ごきげんなすてご」シリーズ、『おつきさまのやくそく』など多数がある。

いとうひろしの作品

ツイートする