夕 (百年文庫)

  • ポプラ社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591121696

作品紹介・あらすじ

「ではね、三人で分けっこしましょう」。育ち盛りの幼子を抱え、夫不在の家を必死に守ってきた桂子。母と妻、二つの女心を告白した鷹野つぎの『悲しき配分』。「寒菊や咲くべき場所に今年また」-根を下ろした植物のように一つの家を愛でて暮らす「わたし」の生活哲学(中里恒子『家の中』)。東京で気侭に学問をする栄一、地元で代用教員を務める辰男…瀬戸内海沿岸の旧家に生まれた六人兄弟は、「家」を起点にそれぞれの将来を思い描く(正宗白鳥『入江のほとり』)。積み重なる暮らしの中に人生を問う三篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012.10.13読了。

    鷹野つぎ 面白い!このシリーズ読みやすい。

  • 中里恒子『家の中』はリンネル、&Premium、Ku:nel、つるとはな、気持ちの良い暮らし、丁寧な暮らし。そんな感じ。

  • 鷹野つぎ『悲しき配分』
    中里恒子『家の中』
    正宗白鳥『入江のほとり』

全4件中 1 - 4件を表示

鷹野つぎの作品

ツイートする