IQ探偵ムー 夢羽、マジシャンになる。〈上〉 (ポプラカラフル文庫)

著者 :
制作 : 山田J太 
  • ポプラ社
4.58
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591123904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マジックのことがたくさんのっていておもしろっかた。

  • テレビでマジックが放映されたから、みんな身近なマジックに興味を持ち始め、ひっそり練習なんかしたりする。
    子供らしい。
    でもそれがどうやら事件に発展する様子。

  • “「どう?不思議だろ?」
    「ああ!すごいなぁ。どうやるんだ?もう一回やってみせてくれよ」
    「うーん、それがね。母ちゃんが言うには手品は絶対二度やっちゃいけないそうなんだ。それから、もちろん種明かしもしちゃいけないってね。でもなぁ、どうしようかなぁ......元だし、ここは特別にいいかなあ?」
    大木は後ろ頭をかきながら身をくねらせた。
    本当はもう一度やりたくてしかたないという顔だ。
    「わ、わかった。じゃあさ、オレにはしなくていいよ。小林にやってみてくれよ!」”

    マジック。
    表紙のムーが可愛すぎた。

    “「す、すごい......」
    小林も目をまん丸にしている。
    彼よりも上をいくマジックをするところが、さすが夢羽だ。
    その上、夢羽はにっこり笑って言った。
    「だって、瑠香。喉がかわいたんだろ?百二十円ないとジュースは買えない」
    す、すごい!
    なんてカッコイイんだ!そして、気がきいてるんだ!
    そんなセリフ、一度でいいから言ってみたい。”

全3件中 1 - 3件を表示

IQ探偵ムー 夢羽、マジシャンになる。〈上〉 (ポプラカラフル文庫)のその他の作品

深沢美潮の作品

ツイートする