おかえり。5ねんぶりの生協の白石さん

著者 :
  • ポプラ社
3.35
  • (25)
  • (67)
  • (105)
  • (31)
  • (3)
本棚登録 : 499
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591123966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オヤジギャグ。
    頭脳明晰。
    二匹目のどじょう。
    様々な見方がありそうだが、よく出来ていると思った。以前のひたむきさが健在であると思った。顔の見えない質問者に対して、これだけ親身になって回答する、出来るのは、素晴らしいと思える。コラムでも少し語られているが、時代は流れる、その時々で使われるツールは、どんどん新しいものが出てくる。現代であれば、インターネット、携帯電話。しかし、「今時の若い者は」という気持ちは変わらない。そして、便利になったように見えても、人間の関係は大差ないと思える。白石さんの想いが伝わってくると感じた。

  •  生協に寄せられるどんなコメントでもユーモラスに、そして真摯に返答する白石さん。
     そんな彼の返答集の続編です。


     ただのコメントへの返事と言ってしまえばそうなんだけど、それが本になってしまうほどおもしろい。ユーモアを入れて返答するって、生協の仕事内容としては含まれてないはずなのに、自分なりの仕事のスタイルを白石さんは作った。自分しかできない仕事っていいですね。

     こんな人のいる生協なら自分も1回行ってコメントを書いてみたい。


     そして、また白石さんはうれしいんだろうなと思う。就職のときに出版社志望であった彼が、こういう形で世に自分の仕事の成果が伝わってるんですから。
     また続編が出てほしいです。

  • 白石さんが帰ってきたー!

    生協の白石さん。前作は大学の生協に寄せられたひとことカードでしたが、今回は出版社の用意した質問と、twitterに寄せられた投稿に回答したもの。

    ただ今回のは、白石さん頭いいなーとは思うんだけど、掛けた言葉の遊びというか、単語をもじったというか、韻を踏んだよみたいな表現というか、そういう回答がパターン化して目立ってしまってる感があって、前回の天然のユーモアたっぷりって感じの方が、個人的には好き。今回のは本を作るためっていうのが前提だから、たぶんしょうがないんだろうけど。。


    いいな思ったのをいくつか。

    「営業と称して昼間から漫喫通いの日々です。美味しんぼ全巻読んだんだけど、次は何読めばいい?-山岡-」
    「ご自身のため、職場の空気を読んで下されば幸いです。だからと言って、エア出勤などもってのほかですよ。-白石-」

    「上司こわい。仕事きらい。俺帰りたい。-もう限界-」
    「帰りたい、帰りたいと嘆いても、必ずしもあったかハイムが待ってくれているわけではないかと存じます。実際に帰ってからでも良いので、上司や仕事との接し方を、いま一度振り返って下されば幸いです。-白石-」

    「おはようございます。朝からオロナミンCを飲む自分に、おやじっぽさを感じます。-Honda-」
    「おはようございます。現役おやじの自分は一歩先を行き、朝からリポビタンDです。CとDの間には、橋の架かっていない川一つ分の隔たりがあります。いずれ、泳いでこちら側にお越し下さい。-白石-」

    この辺のクスっと笑えるものの他、社会人に必要なのは「本音と建前の使い分け」とか、人に会うのが怖いという人に「働くという字は、人が動くと書きます。ゆえに、人と会わずして働くのは難しいことです。」など本質をついてドキッとすることも書かれていて、やっぱり白石さんすごいなと。

    手軽に読めて、癒しや教訓を与えてくれる本としては、とてもいいです。

  • 深刻な悩みからとるに足らない疑問まで。
    人の雑多な思いは
    いつでもぐるぐる渦を巻き、
    出口を探し続けてる。

    「生協のご質問、要望をお書き下さい。
    (何故そう思う、をお書き頂けると検討しやすいです。)」

    このひとことカードに
    その思いを書き込むと
    くすっと笑えて、ふむふむ、そーか♪と納得してしまう答えが返ってくる。

    (自分の声をこんなに真剣に聞いてくれてる人が、この世のどこか(生協)にいるんだなぁ!)

    その嬉しさはきっと計りきれない事でしょう(^^♪

  • おぉ、白石さん、転勤されてたんですね。(*^_^*)

    大学の掲示板ではなく、ポプラ社あての悩み相談(だから大学生だけではなく社会人のものもあり)に答えるという趣向の「5ねんぶりの白石さん」。
    相変わらず、短いコメントに優しさと真実と生協の宣伝を織り交ぜて、言葉遊びをまぶした回答がとても面白い。

    • たまもひさん
      じゅんさん、みっけ!
      私はまだ登録しただけなんです。じゅんさんを見習ってしばらく併用しようかなとは思っているのですが。ぐずぐずたなぞうをい...
      じゅんさん、みっけ!
      私はまだ登録しただけなんです。じゅんさんを見習ってしばらく併用しようかなとは思っているのですが。ぐずぐずたなぞうをいじってます。はぁ~…。
      何はともあれ、こちらでもよろしくお願いします!
      2011/06/22
    • じゅんさん
      たまもひさん、ありがとうございます!(*^_^*)
      使い勝手がいいかどうか、しばらく使ってみるつもりですけど、こちらで、たまもひさんとおし...
      たまもひさん、ありがとうございます!(*^_^*)
      使い勝手がいいかどうか、しばらく使ってみるつもりですけど、こちらで、たまもひさんとおしゃべりできたら嬉しいです。
      私もたまもひさんのフォローする、をポチっとさせてもらいました。(*^_^*)
      どうぞよろしくお願いします!!
      2011/06/22
  • 韻や同音異語、一字違い単語を駆使した白石さんの回答は、全く外すでも真正面でもないのが味?(一歩間違えば単なるオヤジギャグ?)
    ただ、学生生活から生まれたひとことカードにあった質問側の天然の面白さが、収録を前提にしたのであろう今回にはなかった。

    1 生活の章
    2 新人の章
    3 お仕事の章
    4 いろいろの章

  • 相変わらずキレはある。ただ初代の方が好きかな。

  • 2017/6/15読了

  • 生協の白石さん懐かしい!と手に取りました。
    相変わらずクスっと笑える回答やなかなか深い回答やらあって楽しめました。

    白石さんって回答をサクサク考えるのかものすごく悩みに悩んで考えるのかとどうでもいいことが気になってしまったのでした。

  • 【図書館】懐かしの白石さん!学生さんから社会人になった世代のちょっぴりオトナのお悩みへのお返事に、うーん なるほどな。やっぱり学生さん相手の商品に絡めたお返事の方が好きだな。オロナミンCとリポビタンD(P70)の「CとDの間には、橋の架かっていない川一つ分の隔たりがあります。いずれ、泳いでこちら側にお越し下さい。」がお気に入り。ひとつひとつの回答に愛があるよね。

全129件中 1 - 10件を表示

白石昌則の作品

おかえり。5ねんぶりの生協の白石さんを本棚に登録しているひと

ツイートする