([い]4-1)風待ちのひと (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.99
  • (69)
  • (124)
  • (51)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 686
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124185

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大事にしなきゃって、大事にしたいって、強く思わせてくれる話だった。久々に読みごたえのある本でした。

  • ストーリー展開も素晴らしく
    読み終わった後、心温まる本です。

    おすすめ☆

  • 39歳のちょっとわけあり男女の純愛ラブストーリー。
    第二章の盛り上がりが最高潮なのかと思ったら,その後も飽きさせない展開で最後まで一気に読めた。妙に現実味があって面白かった。

    10代が青春,20/30代が朱夏,40/50代が白秋なんだって。
    あー,僕の夏ももうすぐ終わりかと思うとちょっとさびしいな。

  • 優しさに溢れた大人の恋愛小説でした。
    40歳を超えた今では普通の情熱的、もしくは感動的な恋愛小説を読んで物語として感動することがあっても、深く心を打つようなことはなくなりました。ところが本書では一度立ち止まった中年ならではの人生観がとても上手く語られており、じわじわと心に染み込んできます。
    最近は知り合う女性も仕事関係がほぼ全てで、年齢も若い人が多いので、こんな同級生と恋愛感情なしで出会ったら少年時代の気持ちに戻れて素敵なんですけどね。

  • すごく良かった!
    39歳男女の恋愛。
    お互い色々抱えていて一筋縄ではいかないけれど、優しい人たちに守られながら惹かれあっていく・・・。
    おかしくて、悲しくて、じんわりするお話(#^.^#)

  • 著者の四十九日のレシピにも通じる優しさに満ち溢れた小説でした。小説の中を流れている時間は、幸福感に満ちたものではないけれど、著者の筆致により紡がれていく登場人物達の気持ち、人生は心地よい読後感を導きます。

  • 男の人は楽しめるのかなぁ。

  • 「四十九日のレシピ」が良かったので、伊吹有喜さんの著作を引き続き読んだ。2作とも、亡くなった肉親からの視点を意識した主人公の心の動きが描かれている点が共通点と思った。人生を立て直すのに必要なことは、目の前の事を一つ一つ大切にこなしていくことというのは、人生の黄金律だとつくづく思う。

  • 青春・朱夏・白秋・玄冬 引用

  • ペコちゃんと呼ばれる福々しい顔、口調からも
    田舎のおばちゃんとしか映像が浮かばず混乱。

全88件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

([い]4-1)風待ちのひと (ポプラ文庫)のその他の作品

風待ちのひと 単行本 風待ちのひと 伊吹有喜

伊吹有喜の作品

ツイートする