([お]5-2)喋々喃々 (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.76
  • (172)
  • (249)
  • (185)
  • (54)
  • (14)
本棚登録 : 1991
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このどうしようもない状況がどうなるのか?と読み進めたけど、何にも変わらない。優しすぎて前にも後ろにも進めない妻子ある男性とアンティーク着物のお店を営む女性のお話。

    風景などの描写に心弾かれたけど、食べ物のシーンが多すぎて、そしてリアルに美味しそうなだけお腹が苦しくなった。

    最後まで読んだけど、どうだろう?わからないわ。不倫は苦手だわ、というのが正直な感想です。

  • 不倫もの、食べ物の描写がいいと聞いて読んでみた。
    Amazonのレビューで酷評されてたのでどんだけひどいのかと思ったけど、そこまでひどくはないと思った(^_^;)

    しかし…

    たしかに谷中ガイドブックとして読めば面白い
    食べ物の描き方もいい
    でも肝心の人間関係については…
    うーん

    小説なのでべつにリアリティにそれほど拘るワケじゃないけど、いくらなんでも家庭持ちが愛人宅で年越しってありえなくないか…?
    そこ外す⁈ みたいな 笑
    そんななら不倫って設定やめればいいのに…
    それは使ってはいけないカードではないのか…
    これも含めてラストで相当減点 笑

    あと、これが結構致命的 (わたしにとっては) なんだけど、主人公2名がどうして惹かれあったのか分からなかった(^_^;)
    とくに、個人的には春一郎さんのどこがそんなに素敵なのか…
    単なる遊び慣れてる女たらしにしか見えない(^_^;)
    あと栞がやたらと湿度が高い… すぐ泣くし
    こういう人、魅力的?

    不倫ものなのに罪悪感とか良心との葛藤みたいなのがほとんどないのも気になった。

    それでも、料理はしないというウソをつかせるとか、イッセイさんのセリフとかは良かったし、春一郎さんの妻子には一切触れないという手法は良かった。

    少女マンガを小説にした感じと誰かが書いてましたが、言い得て妙です。

  • ただの不倫の話だった。
    四季をとおしての日本の美で装飾してあったが、書いてあるのは不倫の美化で、心底あきれた。
    自分の勝手で家族や不倫相手を不幸にすることを考えないんだろうか・・・
    期待はずれ。

  • 私は「食堂かたつむり」よりも好き。
    東京の下町を散歩したくなったり、着物が欲しくなったり。

  • 勧められたので買ってみたけど、先に進めない…。
    読み終わったけど…好みじゃなかった。

  • アンティークきもの屋を営む主人公・栞の日常と恋愛を描いた作品。
    全12章からなる物語の随所には四季を感じる行事や食事が織り込まれ、1章ごとに季節の移ろいと栞の心境変化を表現している。
    ふわふわとした耳触りのやさしい言葉で不毛な不倫関係を美化している感が否めない。

  • どっちつかずなふわふわした主人公にまったく共感ができずイライラしてしまった。
    谷中のアンティーク着物屋さん。とか、血のつながらない姉妹たち。とか、ワケアリな脇役たち。。とか面白そうな要素が沢山あるのにどれも中途半端な描き方になってるような気がしてかなり消化不良。。ひっぱるだけひっぱってコレかいー!なラストも、私は好きじゃなかった・・


    ~追記。
    2013年春、再読。
    主人公の心の輪郭がやっぱりゆらゆらしていてよく見えない。共感できない。ただ、主人公と恋人がこじんまりと囲む食卓の描写。季節を貪欲に味わおうとするその心意気、見習いたいなあ、と思いました。日本のご飯がやっぱり世界一、としみじみ。

著者プロフィール

小川 糸(おがわ いと)
1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。
2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。
2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。ドラマ化もされた。続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。
その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。

([お]5-2)喋々喃々 (ポプラ文庫)のその他の作品

喋々喃々 単行本 喋々喃々 小川糸

小川糸の作品

ツイートする