いつか晴れるかな  (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124826

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幸せとは・・・  何が幸せなんだろう・・・

    震災後、人間が作ったモノが人間に襲い掛かってくる。
    自然には勝てないことがわかっているのに・・・・

  • 読んでいて内容が全然入ってこなかった。

  • なかなか楽しかった。

  • ひどい。
    シーン、シーンが時間を隔てているのは理解できるが、読んでいても全く時間の流れを感じられないし、じゃぁその点を上手に繋いでいるかと言うと、そんな訳でもない。

    物語も唐突で、退屈だし、ほんとにひどい。

  •  映画「大鹿村騒動記」の原案小説とのことで購入。しかし、主人公が雷音になっていて、「忘れられないけど思い出したくもない女が帰ってきた」という、風祭善が主人公の映画のストーリーとはだいぶ違う。

  • ちょっとおしゃれしてお出かけする。。そんな歌舞伎のイメージがふきとびました。そして大鹿村を訪れてみたくなりました。
    お話の中心になる村の人々があたたかくて文章を読んでいるだけで、
    ほっこりあたたかな気持ちに包まれます。
    いきあたりばったりでも、どんなに辛くても、時に雰囲気が悪くなっても、
    自分を飾ることなく生きる。
    そんな登場人物がとても清々しくて素敵です。

全6件中 1 - 6件を表示

延江浩の作品

いつか晴れるかな  (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする