ヒロシマ(二)様々な予感 (ヒロシマ 2)

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591125229

作品紹介・あらすじ

1960年、日本はまさに復興のシナリオを走りだした。しかし、そのシナリオの向こう側に得体の知れない何かを人々は感じはじめていた。広島でお好み焼の店をきりもりする三代の女性の人生を通して、日本の地で生きる人々の戦後史をたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和子も和子で波乱万丈というか…-∀-)

  • 第2巻は昭和35年から40年のこと。和子は高校卒業と同時に東京のレストランに就職。20歳年上の桜内と結ばれ志乃を身ごもる。直後に母靖子が白血病に倒れ、息をひきとる間際に和子の出生の秘密を告げる。

全2件中 1 - 2件を表示

那須正幹の作品

ヒロシマ(二)様々な予感 (ヒロシマ 2)はこんな本です

ツイートする