「あの日」のこと

著者 :
  • ポプラ社
4.23
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591125281

作品紹介・あらすじ

世界の戦場を目の当たりにしてきたカメラマン、高橋邦典が見たものは、すさまじい破壊のあとと、はてしなくひろがる悲しみの大地だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料番号:020252243
    請求記号:369/タ

  •  著者は「あの日」、北アフリカのリビアで内戦の取材のさなかにいた。仙台に住む家族となかなか連絡の取れなかった著者は、この地震がただごとではないと判断、帰国の途についた。
     平和な日本で目の当たりにする、戦争よりもすさまじい光景。戦場カメラマンである著者は、「20年近い僕のカメラマン人生の中でも見たことがない」とその惨禍を前に言葉を失う。
     それでも著者は、<そこ>で生きる人々にカメラを向け始める。そして彼らをその言葉とともに記録していく。
     すべてが破壊されたあとで、残るものがある。

  • 戦場カメラマンが、故郷の被災地で撮った写真。うーん、今まで被災地の写真はホントいっぱい見てきた。ここには感動的なショットもある。被災者は「もっと大変な人がいますから・・頑張らなければ」と言ってたという。でもなんだか物足りなく思いました。

  • 2012年3月12日

    デザイン/鈴木康彦

  • どんなにひどい被災地でも、そこには人がいて、その人は言葉を発してくれる。生の思いの、重みを考えよ

  • 未曾有の

全7件中 1 - 7件を表示

高橋邦典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
佐藤 信一(写真...
ユリー・シュルヴ...
アーサー・ビナー...
有効な右矢印 無効な右矢印

「あの日」のことはこんな本です

ツイートする