また あえたね (ポプラせかいの絵本)

著者 :
制作 : さかいくにゆき 
  • ポプラ社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591129197

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こぐまが生まれた年の秋。ある日こぐまは、一まいの葉っぱが落ちてきたのに気づきます。こぐまは、葉っぱを木に戻そうとするけれど、うまくいきません。やがて葉っぱに囲まれたこぐまは・・・。
    こぐまと葉っぱの心があったかくなる一年間のおはなしです。(約4分)

  • 子熊と葉っぱの出会いを書いた本。
    季節の移り変わりを感じてもらいたいと思い、借りてきた。
    娘は、子熊の最後の台詞「またあえたね」がお気に入りだった。
    [娘2歳10ヶ月]

  • 手書き風の文字がコロコロとしていて可愛らしいです。

  • 秋になって落ちてきた葉っぱを心配して、必死で木に戻そうとするこぐま。
    なんて可愛いというか、健気なんだろう。
    やがてこぐまは長い眠りについて…。
    そして素敵なラストが。
    活字もかわいい。

  • 小熊が生まれて、自然の中で過ごすけれど、木々の葉っぱは落ちてしまう…。
    小熊も落ち葉を集めて、穴の中で冬眠に入り、長い眠りにつく。
    春が来て、木の芽吹いているのを発見。
    また、会えたね、と。

    絵がかわいらしい。

  • こぐまちゃんの冬眠を描いたほん。
    可愛い(*´v`*) またあえたね!

  • あたたかい感じの絵で、どこか懐かしいなと思わせる絵本です。

    秋の落葉、冬の冬眠、そして春の目覚めと芽ぶき。

    ほっこりする絵本です。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする