わたしのくつ (からだとこころのえほん)

著者 :
制作 : まるやまあやこ 
  • ポプラ社
3.58
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591130599

作品紹介・あらすじ

おかあさんがあたらしいくつをくれました。かおるがほしかったおはなのもようです。このくつで、いっぱいいっぱいあそびたいけど、あそべない。「だってくつがよごれちゃうもん…」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かおるちゃんの 気持ち、よく分かるなぁ。でも、幼稚園の先生の言葉は ステキだった✨

  • 大切すぎてはけない、靴。

  • おろしたての靴。

    はくのは楽しみだけれど、汚れるのが心配で。

    お気に入りだから、大事にしたい気持ちが伝わってきます。

    新しい消しゴム、

    新品の傘・・・。

    小さい頃に大事だったものが思い出されました。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

柴田愛子 1948年東京都生まれ。82年から神奈川で〝ちいさな幼稚園〟「りんごの木」を始める。『親と子のいい関係』(りんごの木刊)『保育の瞬間:「りんごの木」の保育・子育てエピソード』(学研プラス刊)『あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます』(小学館刊)など子育て・保育に関する著書多数。絵本『けんかのきもち』(伊藤秀男絵、ポプラ社刊)で日本絵本賞受賞。

柴田愛子の作品

わたしのくつ (からだとこころのえほん)に関連するまとめ

ツイートする