『いじめ』は2学期からひどくなる! (一般書)

著者 :
  • ポプラ社
3.36
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591130711

作品紹介・あらすじ

子どもの「無言のサイン」をキャッチする、学校に相談に行くタイミングと準備、親だからこそやれる!解決の「三原則」、警察の協力は、こうして、もらえた!いじめを乗り越えた著者とその息子の衝撃の真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかるけれど、熱い思い入れは妨げになるので、もう少しクールダウンしたほうが主旨が伝わると思う。

  • 大津市のいじめのニュースをみてからいじめに関心を持ちはじめた。自分の子供が被害者になったとき私は気づくことができるのか、助けることができるのか。そう考えて不安になっていじめ関係の本を読みまくった。結局親もいじめの知識ないと子供のサインに気づけないし解決方法も分からない。この本を読んで参考になることを見つけられた。読んで良かった。作者に感謝します。

  • 滋賀県のいじめによる自殺のニュースを知り、自分と息子のいじめ体験を
    もとに、緊急出版した一冊。

    周囲の大人は、子供のサインをキャッチし、子供に絶対に味方であると示し、
    そして行動することを訴えています。

  • 話題になっていた本を図書館で待って待って借りたのだけど・・・
    なんとも言えない感覚を覚えた本でした。
    はっきり言って読んだあと、悶々としています。

    いじめの体験記は壮絶で。
    もちろんわたしが小さいときにもまわりにいじめはあったけれど、
    こんなにひどかったんだろうか?と思ってしまったほど。

    いじめられる理由はなにひとつないのに、なぜ標的となってしまうのか、
    それは単にいじめる側が「目をつけた」からにすぎない、というのが
    よくわかる内容だったと思う。
    いじめる子が、なぜ目をつけるに至ったか、が知りたい。
    (もちろん著者はいじめられる側だったので、経緯はわからない)

    著者のお子さんもいじめられて、著者は母親として学校にのりこんでいく。
    この本は今年発売された本なのだけど、
    著者が「被害届を出しました。警察を呼びますね」と言うまで学校がのらりくらりと動くのは、あしたは我が身かも?!と思いながら読みました

  • 自身の、そして自身の息子が遭ったいじめの実体験から解決、そしてどういう子育てをするべきか、そのようなことが書いてあります。
    著者の文章がびっくりするぐらいに感情的。こんなに「!」が登場する本は小説以外でなかなかないんちゃうかな。
    最初の一、二章の実体験、解決の経緯はとにかく残酷で、なんとも言い難いけど、第三章以降が尻上がりにおもしろかった。あったかくて、めちゃくちゃ共感。
    ただ、やはりタイトルとか文章がかなり安易やったなあ。緊急出版らしいから、そういうのもあるんかな。

  • 著者とその息子の体験談を基にした、いじめられてる子への強いメッセージを送る書。記載された内容はほんとに酷いものです。体験談がベースなので、客観的なデーターなどはありません。

  •  授業中に後ろの席から針で刺し続けたり,脳に後遺症が残るほどのダメージを与えるような陰湿かつ凄惨ないじめの実態が記されている。
     学校の応対がここまで酷いとは情けない限りだ。かつて教員出身の同僚が「いじめを原因とする自殺は絶対にない」と言いきっていたことを思い出した。世間様の価値観と隔絶された「超超閉鎖社会」であるがゆえ,学校においては本書にあるような対応が精一杯なのかもしれない。本書にもあるが子どもを守るためには警察に相談するのが賢明だと思う。できるだけ初期段階で。

  • 話題になっていた一冊。

    タイトルがとても気になりました。
    そして...
    もし 自分の子がいじめられていたら
    その時 親として出来ることはなんだろう?
    そう思って手にとりました。

    著者の文章力に残念なところもありますが
    参考になる箇所もあると思います。

  • 『「いじめ」は2学期からひどくなる!』(佳川奈未・著)- 『福禄寿』(仕事日記から)
    http://shinshiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/2011-5e31-15.html

  • 【新刊情報】『いじめ』は2学期からひどくなる!371.4/ヨ http://tinyurl.com/9lyms9v いじめの現実から解決まで、いじめを乗り越えた著者とその息子の体験を通して、子どものサインをキャッチする方法、相談に行くタイミング、警察の協力など具体的に解説 #安城

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。作詞家。神戸生まれ。現在、東京在住。株式会社POWER FACTORY代表取締役社長。『一般社団法人ホリスティックライフビジョン協会』会長。世代を超えた多くの女性たちから圧倒的人気と支持を得ているベストセラー作家。生き方・願望実現・夢・お金・恋愛・成功・幸運をテーマにした著書は、累計500万部にものぼり、海外でも多数翻訳出版されている。20代の頃より、アンドリュー・カーネギーやナポレオン・ヒルの「成功哲学」「人間影響心理学」、ジョセフ・マーフィー博士の「潜在意識理論」「自己実現法」などを研鑚。「夢を叶える自己実現」「成功感性の磨き方」「惹き寄せの法則」をテーマに、人々の幸せなライフビジョンの創造に取り組んでいる。スピリチュアルな世界を実生活に役立つ形で展開。潜在意識や願望実現等の実践セミナーは海外からの受講生も多い。臼井式レイキ・ヒーラー。ホリスティック・レイキ・マスター・ティーチャー。2008年4月には、ニューヨーク・カーネギー・ホールで公演。ニューヨーク・国連本部・UNICEF代表者とも会談。2009年2月、エイベックスより「幸運Gift☆」で作詞と歌を担当し、歌手デビュー。

「2017年 『ほとんど毎日、運がよくなる!勝負メシ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佳川奈未の作品

ツイートする