別れさせ屋の恋

著者 :
  • ポプラ社
2.57
  • (1)
  • (3)
  • (21)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 96
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591131091

作品紹介・あらすじ

プロの色事師「別れさせ屋」。政治家の愛人だろうがトップ女優だろうが落としてきた主人公・俊が、清楚で妖艶な対象者・栞に惹かれていく。互いの過去が交錯する衝撃の結末!絶対に堕とす男と、絶対に堕ちない女の「究極の恋」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み始めは展開が面白くスラスラ読めた。
    早見の心の変化していくところが
    特に。

    でも、結末は個人的には残念。
    もう少し今後の2人がどうなっていくのかを
    見たかった

  • 面白かった。最初は…
    母親のせいで女性を信じることができなくなった早見。 別れさせ屋のエースである。
    絶対に女を好きになることはせず、相手の心を魅了し捨てる。
    だが、栞に出会って早見は初めて恋をする。
    母親に似ていた。憎み、そして愛していた母に。

    最後の方になって無理やりまとめようとして走っちゃった感じがした。
    早見は最後に殺されなきゃ話が終わらなかったのかなぁ。死ななくてもよかった気がする。。。
    そしてあんなに女性を憎んでいたのに、栞に惚れてからの早見があんまり面白くなかった。

  • なかなか面白かった

  • 著者 もしや女性に恨みでもあるのか?

  • 図書館の返却図書に置いてあったのを、面白そうだったので衝動買い、ならぬ衝動借り。
    途中までは良かったんだけど、主人公が恋に目覚めた辺りから展開もセリフも急に陳腐な感じになって少々興醒め。
    ラストも、もう少しハッピーエンドでも良かったのでは……。

  • 半分と最後の1ページ読めば理解できてしまう。
    設定や登場人物は面白そうなのにな。
    ストーリーが残念。

  • おもしろくなかった。

  • 心理学のプロって話なのに、心理学のイロハがすごく雑に扱われていて不快。

    全体的に、先読みできすぎて、ビックリするぐらい、面白くなかった。

  • 決して嫌いじゃないけど、ワンパターンという誹りはまぬがれ得ない。

  • 新堂冬樹の本は、とても読みやすくてすきです。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1998年、「血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。裏社会や剥き出しの欲望を描いた作品群と、恋愛を中心とした作品群とを書き分け、前者は黒新堂、後者は白新堂と呼ばれる。「枕女優」「カリスマ」「百年恋人」など著書多数。近著に「痴漢冤罪」「夜姫」。

新堂冬樹の作品

ツイートする