([ん]1-2)君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語 (ポプラ文庫 日本文学)

  • ポプラ社
2.90
  • (1)
  • (10)
  • (33)
  • (12)
  • (3)
  • 本棚登録 :170
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591131831

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに良い作家さんを見つけられた本に出会った。
    原田ひ香、大崎梢。(西加奈子。)

  • (2016/7/26読了)
    もちろん、大好きな西加奈子がいたし、読む季節が重なっていたので読んでみた。
    目次紹介に、「君と過ごす季節」の主人公にとっての君を書き出してみた。
    (一個人にとは言えない小説もあるけど)
    面白かった、惹きつけられたのは、残念ながら西さんの小説のみでした。ブラックな会社の話なのに、重くなく、真面目なリチャードをちゃんと評価しているのと、酔っ払いの女の子との絡み、どこを取っても面白かった。この題材で長編を書いてくれないかなぁ。

    (内容)
    一緒に桜を見に行かないか、と久しぶりに会う彼は言った。照り付ける日差しのなか、一緒に暮らそうと君に告げる―。一年を二十四の季節で分ける、二十四節気。注目の作家たちが、立春、啓蟄、春分など、四季折々のきらめきを切り取る、珠玉のアンソロジー春夏篇。

    (目次)
    立春 2月4日ころ 原田ひ香 裏切られ別れた夫
    雨水 2月9日ころ 大島真寿美 殺人を隠していた友
    啓蟄 3月6日ころ 栗田有起 同じように大切な人からの裏切りを経験した年下の男
    春分 3月21日ころ 宮崎誉子 やる気のない職場の同僚
    清明 4月5日ころ 小手鞠るい 再開し恋愛対象となった幼馴染の男
    穀雨 4月20日ころ 川本晶子 亡くなったミュージシャンの恋人
    立夏 5月6日ころ 西加奈子 真面目一辺倒な男の同僚達
    小満 5月21日ころ 藤谷治 夢の中で手に入れた特殊な耳栓で聞く植物の声
    芒種 6月6日 原宏一 刑務所の新入り
    夏至 6月21日ころ 三砂ちづる 夢の中で愛し合った亡霊
    小暑 7月7日ころ 大崎梢 帰省の電車内で出会った老婦人
    大暑 7月23日ころ 中島たい子 一度別れ復縁した恋人の女

  • 季節にまつわる豪華アンソロジー。

    個人的に、
    原田ひ香さん、大島真寿美さん、小手鞠るいさん、西加奈子さんのお話がなかでは好きでしたが、光るものはなし。

  • 暦、春から夏をテーマにした掌編集。イマイチかな。

  • ■ 1685.
    <読破期間>
    2016/10/30~2016/11/3

  • 図書館に無かったので、お取り寄せしてもらった(^^)二十四節季の春から夏編♪表紙のほんわりした雰囲気、背表紙に図書館で貼られたTeensの文字から、勝手に若者の甘酸っぱい話しだと思って読み進めていたら、大人な雰囲気が漂うものも多く、しっとり(*´-`)西加奈子さんの立夏が好き♪

  • 季節がテーマのアンソロジー
    ⚫立春/原田ひ香
    ⚫雨水/大島真寿美
    ⚫啓蟄/栗田有起
    ⚫春分/宮崎誉子
    ⚫清明/小手鞠るい
    ⚫穀雨/川本晶子
    ⚫立夏/西加奈子
    ⚫小満/藤谷治
    ⚫芒種/原宏一
    ⚫夏至/三砂ちづる
    ⚫小暑/大崎梢
    ⚫大暑/中島たい子

    ちょっと期待外れ。
    秋冬編は、文体がすごく苦手な人(作家とは呼びたくない)がいるのでたぶん読まない。

  • うん、まぁまぁ。
    ジャケ借りしたんだけどそれは失敗。装丁と内容がマッチしてないストーリーが多い。
    注目の作家たちが二十四節ごとに四季折々のきらめきを切り取るとのコンセプトだけど、それもイマイチ感じられず。
    こりゃ秋から冬にかけて版も期待できないかしら…。
    それにしても最近読んだ本が立て続けに不倫してたり、呑んで吐いてたりしてる。
    世の中それだけそういう人が溢れてるってことなのか。

  • 2014.7.17読了

  • 短編集。まぁ普通。
    2014.6.17

全28件中 1 - 10件を表示

大崎梢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
瀬尾 まいこ
朝井 リョウ
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

([ん]1-2)君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に登録しているひと

ツイートする