じつはスゴい股関節 (一般書)

著者 :
  • ポプラ社
2.86
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591134283

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あっという間に読み終える平易な内容だが中身は非常に濃い。「関節間力」という言葉は非常に為になった。以前に読んだ「趾でカラダが変わる」でどうしても納得いかなかった部分がこの本を読んでスッキリした。やはり私は踵重心派だなぁ。これは良書。お勧めです。

  • 130728

  • 図書館の新刊コーナーにて。
    どの本よりもカラフルなので手にとってみた。なるほど。と参考になるが全て実行するのは難しそう。なので、簡単にできるストレッチから取り入れようと思う。

  •  著者は、『「股関節」は、身体を動かすうえでとても大切な役割を果たしている部分だ』と指摘しています。
     股関節や体幹と呼ばれる部分にはたくさんの大きく太い筋肉が集まっているため、身体の他の部位よりずっと大きな力を発揮することができます。
     すべての身体の動きに欠かすことができない股関節。まさに「縁の下の力持ち」という存在です。

      詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=918

  • 対象読者が誰なのか、分かりやすく書いたつもりが読みづらい。
    ひとつの話題が細切れにされてポイントが乱発。
    ともあれ、立ち方と歩き方とキーボードの入力は参考にしてみる。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科教授/日本体育学会会長

深代千之の作品

ツイートする