イモムシ (ふしぎいっぱい写真絵本)

著者 :
制作 : 新開孝 
  • ポプラ社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591134733

作品紹介・あらすじ

表紙の写真はまるでUMA(未確認動物)ですが、実はイモムシが目玉模様を強調して敵を嚇かしているところです。
本書は、イモムシたちのさまざまな生活をダイナミックで愛情あふれる写真で紹介した写真絵本です。

イモムシは、チョウやガの幼虫。卵から生まれて脱皮をしながら成長していきますが、その暮らし方はさまざま。
長い毛や毒で敵を嚇かしたり、目玉模様でびっくりさせたり、鳥のフンそっくりに化けてみたり……。
自分のフンをつみあげ、そのさきでじっと枝に化けているかわいいイモムシもいます。
また、脱皮の瞬間の写真は、迫力満点。
小さくてか弱いイモムシたちですが、その命のパワーは感動的です。

本書のさいごのページには、「イモムシ図鑑」があります。色や形のバリエーション、不思議なポーズなどを楽しむことができます。
さて、あなたはどんなイモムシを知っているでしょうか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4歳の息子にはかなり好評でしたが、
    かなりリアルすぎて、イモムシ比較的平気な私でも
    すこしのけぞりました・・。
    最後蝶になるとこ見れるのかと思ったら
    イモムシのまま終わるとこがよかった。

  • ★★★★☆
    表紙にも度肝を抜かれましたが、テントウムシ柄のおしりも大変愛らしい。
    ページに触るのに勇気がいりますが、イモさんたちの秘密を知るためには度胸を決めて!
    (まっきー)

  • [墨田区図書館]

    図書館で見かけたこの本。表紙の写真からして興味をそそる!
    この夏田舎でキアゲハの幼虫とスジグロタテアゲハの幼虫を飼ったから余計に見ていて面白い!と思ったら案の定5歳の息子にも同様だったようで、夕方本棚で見つけると自分から手に取って読みたがり、スジグロやアゲハの幼虫を目にすると、「これ、知ってる!」と興味津々でした。
    また何か育てて、今度はちゃんと羽化させたいな。

  • 請求記号:486 シ
    資料番号:020262234

  • イモムシと若干のケムシ。写真が大きく鮮明で、細部をよく見たい!という男の子なんかはとても楽しめるのではと思いました。上から下から色んな角度からの写真が画面を飽きさせない、自然のカラフルな生きた色をまとったイモムシの本。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

昆虫写真家。
1958年、愛媛県生まれ。愛媛大学農学部(昆虫学)卒業。教育映画の演出助手などを経て昆虫写真家として独立。
著書に、『ぜんぶわかるアゲハ』(ポプラ社)、『里山のヤママユ』(小学館クリエイティブ)、『うまれたよカメムシ』(岩崎書店)、『虫のしわざ観察ガイド』(文
一総合出版)『里山の昆虫ハンドブック』(NHK出版)など、児童書、昆虫図鑑等多数。

新開孝の作品

ツイートする