私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな

  • ポプラ社
3.58
  • (61)
  • (127)
  • (129)
  • (26)
  • (10)
本棚登録 : 1202
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591136201

作品紹介・あらすじ

一生独身(シングルフォーエバー)!?
未婚のプロ、ジェーン・スーに学ぶ新しい結婚指南書!

なかなか結婚できない女性が
知らず知らずのうちにやってしまっていること
101を心の処方箋ともいえる解説&イラストで紹介。
女性はもちろん複雑な女心を知りたい
男性も必読の人間洞察エンターテイメント!

プロポーズされない101の理由
①彼が連れて行ってくれるレストランやショップで必ず空調や店員の態度にケチをつける。
②仕事でヘトヘトな彼を休日のIKEAに連れて行ったことがある。
③ミネラルウォーター以外の水分はとらない。
④誕生日やクリスマスに、彼の好みを変えようとするプレゼントを贈ったことがある(服など)
⑤そもそも私は「彼女」じゃないのかもしれない。
⑥友達からは「とても結婚願望があるように見えない」と言われる。あなたが。
⑦そろそろ「初めて経験すること」が仏門に入ることだけぐらいになってきた。
⑧楽しくて気楽な独身女友達(未婚のプロたち)に囲まれている
⑨車、ゲーム、スポーツなど男の領域に詳しすぎる。
⑩「男に守ってもらいたい」というのは生存していく上での必須条件ではなく、ぜいたく品のカテゴリーに入ると思っている。
⑪彼の方が稼ぎが少ないことをあなたはなんとも思っていないが、ショッピングに一緒に行くとあなただけ大人買いをする。
⑫「アルマゲドン」を見て泣いている彼を馬鹿にした。
⑬ベビーカーはマクラーレン以外ありえないといったことがある。
⑭正直に言えばひとりで生きていける自信がある
⑮ホワイトデーやクリスマス、誕生日に彼があなたをよろこばせるために行ったロマンチックな演出を受け止めなかった。

この本は「ここに書いてあることをやりつづけていると私たちのような未婚のプロになるぞ!」という
警告書です。プロポーズされない101の理由を読んでご自身に思い当たる節があるならば、
反面教師にしていただくもよし、独身をとことん楽しんでやると腹を括っていただくもよし。
未婚のプロ予備軍の方々に笑って楽しんでいただけたら、それだけで本望です。 -ジェーン・スー

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自称・未婚のプロ、「独身は麻薬(シングル・イズ・ドラッグ)」と宣うジェーン・スーさんの、切れ味鋭い文章が堪能できる1冊。
    これまで様々な男性との出会いと別れを経験され、現在もシングル・ライフを謳歌されている著者およびご友人が、「なぜ私たちはプロポーズされないのか」という問いへの答えをリストアップしたものが本書の下敷きになっているとのこと。

    数々のエピソードをけらけら笑いながら読みつつも、100%笑い飛ばせない…と苦笑い。
    「私もやったなぁ…」という古傷がうずく瞬間もあり、「ああ、これ私やってる…」と現在進行形の我が身を振り返る瞬間もあり…。
    とりあえず、「どうでもいいことでも、勝つまで口論してしまう」のはやめようと思います。。。

    ユーモアたっぷりのサヲリブラウンさんのイラストにも、何度もにやにやさせられました。

  • 「独身は麻薬(シングルイズドラッグ)」

    ジェーン・スーさんのユーモアたっぷりな比喩が大好き!
    自分の胸に手を当て、思い当たるなぁ〜
    わかる、わかる、と一気読み。

    この本を読んでいる時点で、既に独身という麻薬に毒されているのかもしれない。。

  • ・・・はい、私が悪うございました。傲岸不遜でした。

    刺さるなぁ。
    ジェーン・スー(日本人)と仲良くなれそうな自分に危機感を覚えています。

  • 最初の法則で『はいアウト‼︎! 未婚のプロ確定で〜す(・ω・)ノ』でしたがな(笑)。

    そうなると残り100の法則は全く以て無駄なので
    ここで読むのを止めるっていう選択肢もなくはないのだが
    それもあんまりなので後学の為に読んでみた。
    まぁ今更後学でもないんだけど。

    で。
    最後まで読んでみて思い当たる節がザクザクと(笑)。
    最初のがなくてもこりゃあたし結婚できないわ(爆)。
    頻繁に出てくるフレーズでグサッときたのが
    『女友達にしない方がいいことはオトコにもしない方がいい』。
    至極名言だが、よく考えると当たり前のこと。
    プロポーズ云々ばかりでなく、人として
    というか現代日本で社会生活を送る者としての心得と
    人との距離の取り方を伝授されたような気がする。
    なんつーか、社会人として上手くバランスを取れる人が
    結婚向きなのかなぁなんて。

  • タイトル負けして内容にガッカリする本て多いけど、これは笑った〜。自分に彼氏がいたらおそらくやってしまうであろう未婚へのアプローチの数々…。それでもSingle is Dragなんだよなあ。

  • 女性にだけ読ませるのは本当にもったいない!!世の中の男性諸君こそ女性心理を知るために読むべきだと思う。

  • 「頼まれてもいないものを買っていく」トイレットペーパー、ティッシュペーパー、切れていた電球、翌日の朝食。  廊下の電球を付け替え、そこらをささっと掃除する。オカンか!に笑った笑った。つい3日前にやったばかりだよ。息子の部屋だけどな。

    夫が一言「これをうのみにするな。男の視点が入っていないから」

    確かに。

    都会でそれなりの収入があったら楽しい独身生活が送れるというものです。

  • 刺激的なタイトルと不可思議なペンネームに惹かれて購入。
    最初はクスクス笑いつつ、通し番号60を過ぎたあたりから若干苦しくなりつつ読破。
    結果、自分の立ち位置がとてもよく分かりました。
    ジェーン(※日本人)曰く、

    仕事もできて遊びも知っていて、下手したら語学もちょっとできて、話題のレストランでいいものも食べているような馬力と稼ぎのある女は、男から見たら無敵艦隊。
    かわいらしくポカスカと男の方を叩いたつもりが、不覚にも相手の顎を正確にとらえて男はノックダウン。我々はヘビー級王者、マイク・タイソンだということを決して忘れるな。

    なるほど。
    薄々勘付いていたけれど、やっぱり怖がられていたのか。
    納得しつつも今のところ路線変更する気もないので、
    ドクターXの米倉涼子を見習って、強く生きていきます!

  • リーの対極にスーがいる。自慢話の究極が自虐話であると考えるのは間違っている。二谷友里恵の「愛される理由」に対して、この本が自虐的であるかと言えばまったくそんなことはない。自慢話の対極は、冷静なメタ視線なのである。そのメタ視線によって解きほぐされる未婚のプロたちの姿に時にうなずき、ときにおののき、楽しく読んでしまえる。

  • 女友達にしないでおきたいと思うことは彼氏にもしない方が良い。
    いえてる!
    2020年2月?1月?読了。

全170件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、東京生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で第31回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』『今夜もカネで解決だ』『生きるとか死ぬとか父親とか』『私がオバさんになったよ』、中野信子との共著に『女に生まれてモヤってる!』など。

「2020年 『これでもいいのだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェーン・スーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内澤 旬子
村上 春樹
いとう せいこう
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだなを本棚に登録しているひと

ツイートする
×