初恋料理教室

著者 :
  • ポプラ社
3.82
  • (67)
  • (161)
  • (109)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 990
レビュー : 169
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591137703

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京都を舞台に、美味しい和食と、切なくほっこりするエピソードの連作。
    好みです☆

    京都のとある路地の奥、長屋で小さな教室が開かれていました。
    小柄なおばあちゃんの愛子先生が教えていて、土曜日は男性向け初心者クラスなのです。
    建築設計事務所に勤める智久は、図書館の司書の女性に惹かれ、その一言で料理を習おうと決めます。
    純な恋心は届くのか?(笑)

    プロのパティシエのフランス人も、和食に興味を持って習いに来ています。
    日本女性の経営者に引き抜かれて、京都のチェーン店で働いていますが‥?
    皿盛りデザートのお店、行ってみたくなりますね。

    紅一点?のいかにもな可愛らしい服装をしたミキ。
    姉と二人暮らしで、食べまくる姉のために料理を作り、姉の趣味で着飾っていました。というのは‥

    職人気質の佐伯は、妻の勧めで料理を習いに来ています。
    その様子を見て、熟年離婚かと心配するミキ。
    じつは‥?

    品のいい愛子先生にも、それなりの過去がありました。
    おだやかに料理の初歩が解説され、どれもとても美味しそう。
    深刻さがないわけではないけれど、突っ込みすぎず、適度な距離感でいたわりあう優しい空気感。
    ブクログで好評なので、読んでみました。
    初読み作家さんですが、いいですね!

  • 京ことばと美味しそうな料理の数々にほっこりする。
    町家で料理教室だなんて、近所なら通ってみたい。
    それほど季節感のあるメニューで先生との距離も近くていい感じなんだなぁ。
    そこに登場人物の日常が重なっていい感じなのです。
    身体を作る食だから、丁寧に作って食べたいもの。
    「毎日、料理するのが面倒」
    などと思わず、こころをこめて作りたいものだ。

  • おいしいものには、ひとを引き寄せる力がありますから。

    大和大路通をはずれ、細い道に入る。
    長方形の青い空。薄暗くてひっそりした路地。両脇につづく古びた長屋。
    南側の一番奥の玄関にかけられた暖簾。
    「小石川愛子の料理教室」

    土曜日の夜の初心者男性対象のクラス。
    建築家の智久さん、パティシエのヴィンセント、紅一点?のミキ、昔気質の職人さん佐伯。
    愛子先生の丁寧な料理を教わりながら、それぞれの生活も少しづつ前進していく。
    30代で訪れた初恋の行方は?
    開店を目前にしたカフェに突然起きたアクシデント。
    母親の呪縛。
    長年連れ添った妻の本当とは?

    このところ京都が舞台の本が続いてる。錦市場へ何度買い物に行っただろう。
    この本も料理が美味しそうで作る過程での出汁の香り、鶏肉の炒める香りが漂ってきそう。
    「やらこう」「ぐんとようなります」愛子先生の京言葉がはんなりと優しい。
    習い事って普段は共通点のない人が出会う場所でもあるんだな。
    それがきっかけで開ける道もあるんだな。

    きちんと生きてきたひと。
    ていねいに暮らしているひと。
    それに憧れるミキの気持ちがよくわかるから、もう少し頑張らなくちゃ。
    夕飯、可愛いからってまい泉のミニバーガーとか買ってる場合じゃない。反省。

    「自分で作るお料理が美味しければ、自分で自分を幸せにすることができます。」

  • 京都にある料理教室に通う生徒の連作短編集です。
    どれも優しい人の話でほっこりしました。
    なにかが起こるわけではないけどそれぞれ人にも料理にもきちんと向き合っている感じ。
    私は真渕さんの話が好きかな?

  • 舞台は京都。
    大正時代に建てられた長屋には
    「小石原愛子の料理教室」がある。
    そこに通う4人の生徒の物語。
    愛子先生は、一歩距離を置いてそれぞれの人物を暖かく見守っているようでした。
    愛子先生が教えてくれるような、ほっこりするような料理をわたしも作りたいです。

  • この本を読んでいて、無性にお料理がしたくなりました。
    男性のための料理教室に通う4人のそれぞれの生活における料理の意味は様々ですが、そこに共通しているのは、大切な人や食べてくれる人を喜ばせたいという気持ちかな。
    愛子先生が教えるひとことひとことが、なるほどと納得できることばかりで、料理って決して難しいことではないと感じさせてくれました。食材の特徴を知り旬を感じる心があれば自然と献立も浮かんでくるようになるのかもしれません。

    生きているということ、おなかがすくということ、そして料理をするという こと。なんでもないようでいて、とても幸せな事。

  • 京都の町屋で行われる土曜日夜の男性限定の料理教室。そこに集まる男性4名の視点で描かれた連作短編集。各々の抱えている悩みとか今までの環境が描かれている。建築家の卵と司書の表題作「初恋料理教室」と佐伯さんと奥さんの話を描いた「日常茶飯」がとても良かったな。どの料理もシンプルでとてもおいしそうなのですが、料理を教えてくれる愛子先生の一言がとてもすてきでした。料理を作り食べることは自分が自分を幸せにすること。きちんと食べることが生きることにもつながる。改めて教えてもらった気がします。

  • ストーリー  ★★★★★
    美味しそう度 ★★★★★
    ほっこり度  ★★★★★

    愛子先生の料理教室には、男性限定のクラスがある。
    そこで共に料理を習う、4人にまつわる物語。

    恋愛、家族、夫婦について、温かく、時にはシビアな現実を織り交ぜつつ、綴られています。
    とても穏やかな気持ちになれる一冊。
    そして、とてもお腹が空きます(愛子先生のレシピ付)。

  • 丁寧に料理を作る。
    そうすれば、自分で自分を幸せにすることができる。
    そして、家族のことを想いながら作った料理は、家族も幸せにする。

    手抜きしようと思えばいっくらだってできる、とっても便利なものがあふれているけれど、ダシをきちんととったり、丁寧に包丁を使ったりして、家族みんなが喜んでくれる食事を作りたいな、と改めて思う。

  • 丁寧に作った料理は人を元気にする。
    心して作らないといけないな。

全169件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

藤野恵美
『七時間目の怪談授業』『七時間目の占い入門』『お嬢様探偵ありすと少年執事ゆきとの事件簿』(講談社・青い鳥文庫)をはじめ、『怪盗ファントム&ダークネス』シリーズ(ジャイブ・カラフル文庫)、『世界で一番のねこ』(アリス館)ほか、一般書ではコージーミステリ短編集『ハルさん』(東京創元社)が話題となり、2017年にテレビドラマ化されるなど児童、一般書の両部門で活躍。『しあわせなハリネズミ』は「ひとりで過ごすのが好き」だという息子をモデルにして書かれた。

「2019年 『しあわせなハリネズミ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤野恵美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

初恋料理教室を本棚に登録しているひと

ツイートする
×