(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)

著者 :
  • ポプラ社
3.86
  • (7)
  • (25)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :160
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591138793

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館より。

    文庫だと思って借りたら、大きい本だった。
    再読?と思いつつ途中からしっかり読了。
    人の親になり、こういった子どもが出てくる話を読むとすっかり感情移入してしまう。イイコすぎだよ~こだまくん。そして希実ちゃん、幸せになって欲しいな。
    続編も読みます。

  •  読んで最初に思ったのは「読みやすい」ということ。登場人物ひとりひとりの個性が強くとても読みやすい作品だと思います。
     一章ごとに悩みを抱えているお客さんがやってくるという構成、ずっと読みたかったんです!(まさに私が求めてた小説だ!)一章の長さと内容も程よく、難なくスラスラ読めました。
     人は誰しも悩みを抱えているもの。主人公の希実も、クレさんも、弘基も、変態ストーカーの脚本家も、ホームレスのニューハーフも、純粋無垢の小学生も。少しシリアスな部分もありましたが、最後はやっぱり暖かかった。たくさんの愛が詰まったお話だと思います。
     舞台がパン屋さんなだけあって、パンを作る描写がとっても素敵 (´∀`) 出来立てのあったかいパンが食べたくなりますねー。

  • 2015/2/28

  • 心温まるお話。
    こだま君がかわいい。

  • 可愛らしい表紙のイラストからは想像できないくらい悲劇的なストーリーだけど、仄かに心が温かくなる様な救いがある。
    物語的な都合の良さの中にもリアリティがある。
    面白い!と軽々しくひとにオススメはできないけど、大好きです\( *´•ω•`*)/

  • 登場人物がどの人も魅力的で良い!
    パン屋を訪れる人たちは、初めは胡散臭かったり、身勝手だったりするけれど、次第に人間的な魅力が出てくる。

    また逆に、癖のある客たちを広い心で迎え入れる二人、パン屋のオーナー暮林と、パン職人の弘基は、上手くやっていそうで、実は何やら因縁がありそうな付箋。

    一気に読んだ。
    次の作品も早く読みたい!

  • 全く予備知識なく図書館で手にとって読んでみた。読みやすく一気に読み終えた。

  • 20140722#途中ウルッと。続編読んでみよう~

  • 皆、何かしらの陰を抱えて生きている、でもそれはそれ、彼らなりに一生懸命生きてる、そんな感じがよかった。続編でさらに味が出てくるパターンだな

  • すらすら読めました。
    どの章も、心暖まるストーリー。

    美味しそうなパンの描写に思わず微笑んでしまう場面も多々ありました。

全11件中 1 - 10件を表示

大沼紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)はこんな本です

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする