(023)私が伝えたい日本現代史1934-1960 (ポプラ新書)

著者 :
  • ポプラ社
3.83
  • (5)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.02.10 田原氏のツイートで見つける。

    http://naokis.doorblog.jp/archives/70_years_after_Aug15_1945.html70年目の敗戦日〜70年前の少年少女たちの証言に耳を傾ける

  • 「私の生きた80年間はそのまま日本現代史である!」田原総一朗氏が自らの体験をもとに、「満州事変」「天皇制」「太平洋戦争」「60年安保」等々、国民的ジャーナリストの回想録。

  • 歴史を学ぶには、誰かの主観をインストールするのが効率的だと思う。その点において、本書は理解しやすいレベル。

  • 夏休み読書の3冊目。



    今まで歴史好きながら、あまり読んでこなかった現代史を

    ぜひ読もうと思って手に取った一冊です。



    田原さんの生きた奇跡でもあり

    その年代の田原さんが、その歴史的事件と向き合った時に

    どのようなことを考えたかが率直に書かれていて

    その頃の日本人の思いが伝わってきます。



    色々な人の証言が出てきて

    丁寧ね取材姿勢にもひかれます。



    日本現代史の入門編のような本だと思います。

  • 戦中戦後の日本史を平易に解説。

  • 教科書はこの時代をあまりにさらりと流れていく。しかし,この空白の現代史を学ばなければ,今の日本の体制を理解することはできない。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーに。『朝まで生テレビ!』の司会をはじめ、活字と放送、ネットなど幅広いメディアで活躍。次世代リーダーを養成する「大隈塾」の塾頭も務める。近著に『トランプ大統領で「戦後」は終わる 』(角川新書)、『平成の重大事件』(猪瀬直樹氏との共著、朝日新書)など。

「2018年 『AIで私の仕事はなくなりますか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田原総一朗の作品

(023)私が伝えたい日本現代史1934-1960 (ポプラ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする