(024) ウソをつく力 (ポプラ新書)

著者 :
  • ポプラ社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139431

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウソは大きく分けると二つだと考えていました。保身の為のウソと、相手を思いやる為のウソ。
    1という話が、3という話に膨れ上がってひとり歩きしてる場合や、言った覚えもないのに言った事にされてたりとか、ウソツキ人間に振り回された経験のある人も多いだろう。ウソのない人間はいない。
    この本では様々な逸話を紹介しながら、時には士気を高め、身を救う事もあれば、人間関係を円滑に進めるなど、ウソの奥深さを考えさせられる。簡単に言ってしまえば生きる為の智恵なのでしょう。だけど、害のあるウソツキ人間には関わりたくないものです。

  • ウソのもつ力や効果、活用法などをわかりやすく記載している。人間の中でしか使われないウソ、日常のあらゆるところに使われるウソ。知らなければウソも本当になるというのもうなずけます。
    一番おもしろいと思ったのは、「もの」と「こと」の使い分けについて(ウソと関係ないか)。ものは原理・法則・不変を表し、ことは非原理・一回性・可変を表す。小さい頃からこの区別を認識することなく使い分けていたというのは、言われないと気がつかなかった。。。

全2件中 1 - 2件を表示

赤塚行雄の作品

(024) ウソをつく力 (ポプラ新書)はこんな本です

(024) ウソをつく力 (ポプラ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする