その本の物語 下 (ポプラ文庫ピュアフル)

著者 :
  • ポプラ社
4.15
  • (49)
  • (45)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 461
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591140758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『その本の物語』としてとても綺麗に纏まってて、ルルーの後日談的なのも垣間見れたので、嬉しかったです。

    本当は収録されなかったお話も含めて欲しかったけど、そうすると『その本の物語』としては間延びしてしまう……

    願わくば、まだルルーを見ぬ子供たちに『風の丘のルルー』シリーズに触れてほしい。そして、その子たちがおとなになる頃に『その本の物語』上下巻に触れてほしいと思います。

  • 元々の『風の丘のルルー』を知らないのがとても残念ですが、でも、読んでいなくても楽しかったです。

    小さな魔女のルルーは、悩んだり迷ったりしながらも、それでも、その優しさだけは揺るぎがなく、実は、とても強い女の子。


    千鶴先生の言葉の通りに、声は魔法で、人の思いは、言葉に変えて世界に出さなければ、人を幸せにしたり救ったり出来ないのだな、と、はっとしました。

    「ありがとう」と伝えるだけでも、それは、きっと、幸せの呪文になるのですよね。


    魔女の子孫の沙綾もだけれど、こっそりとチョークで花の絵を描いて、人々を笑顔にする南波も、きっと幸せの魔法を使えているんだと思います。

  • 上下巻並んで置いてあっても、別のお話の本のようにも
    見えます。
    上巻とともに、タイトル・表紙のイラストが
    好きで購入。
    上巻で既にお気に入りのお話になっているので
    じっくり物語の中の世界に浸って漂いたいです。
    読後、期待以上に気に入った物語だったと思い、
    嬉しくなりました。

  • ルルー、強し。。。

    軽めのタッチのファンタジーで、最初は身の回りの人たちの幸福を願っていた魔女ルルーが、巻を追うごとに壮大なスケールの冒険に踏み出してゆく。

    魔女とは、人間と違う生き物。

    ルルーが抱えていた孤独を通じて、南波と沙綾の物語もどんどん深みを増してゆく。

    結末の必然性は?と思う部分もあるのだが、ポプラ文庫らしいということにしておきたい。

    南波の存在は、二つの物語を繋ぎ合わせるために欠かせない人物だった。
    言葉は、魔法だったのである。
    彼女の朗読に耳を済ませながら、この本には収録されていないルルーの活躍にもっともっと触れたかったなあ。。。

    上巻レビューにも書いたが、この本の魅力は構成にあると思う。
    一つの作品の外側に新たな作品を打ち込むことで、結果双方に新たな魅力が現れている。

    楽しかった。

  • どこにも行けない。まるでガラスの水槽の中にいるみたいで、すぐに息が苦しくなって―。南波は、学校を休み、書店でアルバイトをしながら、病院に足を運んでいた。きょうも病室で朗読をする南波、うっすら笑みを浮かべ眠り続ける沙綾。だが、魔女の子ルルーの長い冒険物語が、いよいよ終わりに近づいたとき、誰も知らない新たな物語が呼び出された―。傷ついた魂の恢復と人間への信頼を謳いあげた、傑作長編ファンタジー!

    成長したルルーが登場した時は、「元気で良かった!」と親しい友人に久しぶりに会った時のような気持ちになった。
    ルルーやカイオン(魔法使いの末裔)は、自分の生き方を、運命のせいにせず、「自分が選んだ道だから」と誇りを持って語る。
    自分の今いる人生で幸せになれるのか、考えてしまうことがあるけれど、彼らのように自信と誇りを持っていられれば、強く幸せに生きられるだろうなと思う。

  • 優しい優しい物語。
    過去にシリーズで刊行されたルルーの物語に、現代の物語を足して編み直したものだと最後の最後に知った。
    加害者も被害者もいるけれど、読んでる私たち誰もがどちらにもなり得る。でも、後悔しても恨んでも、そこから立ち直る方法や方向も、そっと指し示してくれている気がする。
    ルルーの他の話も読みたくなった。

  • ルルーの物語、ついに終わってしまった。。。
    ドキドキしたり悲しかったり、ルルーと一緒に旅をしてきた、そんな気持ちになった物語でした。
    児童書のジャンルですが考えさせられる場面が多くあって大人が読んでも心に響きます。
    読み終わってしまったのが残念でしかたない、素敵で綺麗な物語に出会えました^^
    原作となってる『風の丘のルルー』シリーズ、図書館に置いてあったのでこちらも是非読破しようと思います。

  • 本編としては本当にきれいに、美しく着陸しています。
    そして「風の丘のルルー」完結編でもあります。
    本当に「ルルー」シリーズを読んでいなかったのが痛恨の一撃というか、読み終わった瞬間、この話ないのかなーと思ったら過去作にあって、でも絶版という衝撃。古本で集めようにも結構高騰している上巻数があるので、ものすごく残念というか無念というか………でも「ルルー」を全巻読破してからこっちももう一度読みます。

  • 現代の世界と、魔女ルルーが主人公の作中作を行ったり来たり
    現実と物語の中を気持ちが行ったり来たり・・

    子どもの頃に「ルルー」のようなお話に出会っていても
    おそらく読まなかったと思う。

    私は、喜びや楽しさの中に見える、
    ちょっと寂しい、
    一人ぼっちの感覚が苦手な子どもだった。

    だから、大人になってから出会えてよかったと思う。

    勇気とやさしさは孤独と哀しみの上にある。
    児童書が教えてくれることは多い。

  • 幼い頃にシリーズを読んでた方にとっては、胸が熱くなる作品だろうなぁ。
    この年になるともう、「シリーズものは早いとこ綺麗に完結させて!」って思っちゃうけど、昔は物語がずっと続けばいいと思ってたもの。
    終わってしまって悲しかった物語の断片に、この年になって触れられたら、それだけでちょっと感激。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。著書に『シェーラ姫の冒険』(童心社)、『コンビニたそがれ堂』『百貨の魔法』(以上、ポプラ社)、『アカネヒメ物語』『花咲家の人々』『竜宮ホテル』(以上、徳間書店)、『桜風堂ものがたり』『星をつなぐ手』『かなりや荘浪漫』(以上、PHP研究所)、げみ氏との共著に『春の旅人』『トロイメライ』(以上、立東舎)、エッセイ『心にいつも猫をかかえて』(エクスナレッジ)などがある。

「2020年 『魔女たちは眠りを守る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山早紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
藤野恵美
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

その本の物語 下 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×