• Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591141663

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々な著者による「おやつ」についてのエッセイ集。女優の元ミムラ(確かお名前変わりましたよね)の「グミベアー」の項が意外とおもしろかった。子供時代の新しいものとの発見って大げさな感動があったなぁ〜ということを思い出した。なかなかみなさん視点が俊逸。さっと読めて、自分にとって思い出深いおやつってなんだろうな〜なんて考えるとさらにおもしろい。

  • おやつの習慣がなかった。食べたこと無いおやつに興味津々。はったい粉って、どんな味なんだろ。。。楽しめました。

  • この手のエッセイ集って、途中ですぐ飽きるのですが、これは面白く最後まで読めました。食べ物だからというのもありますが、1話の量がちょうどよいからもあるとおもいます。
    話のあとの筆者の紹介を読んで新たな読書の世界も広がりそうです。

  • 図書館の本 読了
    内容(「BOOK」データベースより)
    子どもの頃にお母さんがつくってくれたケーキ、友だちの家でごちそうになった不思議なおやつ、どんなに豪華なお菓子より魅力的だったアレ…30人の人気クリエイターが、おやつにまつわる思い出を語ったエッセイ・アンソロジー。おいしい記憶がたっぷり詰まってます!

    あまいおやつも、しょっぱいおやつも、これがおやつ?もふくめて「あ」から「わ」までのエッセイ。
    お母さんにケーキを焼いてとせがんだことが優しくあまいこうかいになっているのが痛かったです。

  • 30人の有名人が、子供の頃のおやつの記憶を描いたエッセイアンソロジー。
    作家以外の人も書いてます。
    子供の頃このおやつが好きだったという話だけではなく、甘いものが好きではなかったという話もチラホラ。
    塩トーストにはびっくり。
    面白くて、読みやすいです。

  • 雑誌・asta*掲載のエッセイ『3時のおやつ』を文庫化。
    おやつにまつわる30人分の記憶がぎゅっと詰まった、おいしい一冊。
    ひとりひとりのページ数が少ないので、さくさく読めてしまう。
    おやつ自体が魅力的なわけではなく、その状況で食べたおやつだから記憶に残ったんだろうなぁと、筆者たちの子供時代に思いを馳せて、しみじみ愛おしさを感じた。

  • 図書館で。
    簡単に読める感じ。あまり後には残らないかな

  • 「おやつ」って語感がそもそも勝利ですよね。
    1人5ページ程度、どこからでも誰からでも。
    隙間時間にちょうど良いところも勝利ですね。
    幸福感溢れる、あれこれいろいろおいしい本。
    (^^)

  • おやつにまつわるエッセイのアンソロジー。ここで語られるおやつのお話は、作家さんたちの子どもの頃の思い出で語られてノスタルジーを感じます。甘いおやつ、甘くないおやつ、でもお話はちょっとほろ苦いものも。ペヤングはスイーツなのかな。そして森見さんのお話は可愛くて1番心に残ります。わたしの思い出のおやつってなんだろうな、と思いを馳せました。

  • 「すごいねえ、幸せだね。」

    ブルーベリー味の風船ガム
    めっちゃ懐かしい~!

    自分も子どもの頃
    遠足のお菓子選びでわくわくしたなあ
    とか、懐かしい思い出が
    浮かんできた。

全78件中 21 - 30件を表示

壁井ユカコの作品

ツイートする