百貨の魔法

著者 :
  • ポプラ社
3.41
  • (62)
  • (150)
  • (183)
  • (62)
  • (10)
本棚登録 : 1557
レビュー : 218
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142721

作品紹介・あらすじ

時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、テナントのスタッフ、創業者の一族らが、それぞれの立場で街の人びとに愛されてきたデパートを守ろうと、今日も売り場に立ちつづける――。百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織りなす、魔法のような物語!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんて優しい本なんでしょう。
    登場人物がすべて優しい人たちばかり。
    こんな百貨店が本当にあったら素敵だろうな~
    地方の百貨店は本当に厳しい状況で、私の住んでる場所の百貨店も何年か前に閉店してしまった。

    でもこの本の星野百貨店はきっと大丈夫だと思う。
    新しい店長さんが素敵な人だもの。
    それに白い子猫も見守ってる。

    どのお話も心がジーンとくるものばかり。
    温かい気持ちになれる素敵なお話でした。
    素敵を何個並べたかしら(笑)

  • いかにも女性受けしそうなメルヘンチックな物語でした。とある老舗百貨店を舞台に、そこに携わる人々の優しく温かい群像が心地よいのでしょうかね。これを書く為に様々なアプローチをしたとあとがきにあるけれど、内部に詳しい私から見てもよく捉えてあります。内部暴露や経済的アプローチでは無いので、旧き良き時代の懐かしいデパート像が優しく描かれていてほんわかする小説でした♪

  • 閉店間際との百貨店で起こる奇跡の物語。
    大空襲で焼け野原になった風早の土地の復興を願って建てられた星野百貨店。創業者の星野誠一が築き上げた星野百貨店は地元で愛される百貨店であったが、世代交代と時代の流れでだんだんと経営が傾き始めていた
    そこへコンシェルジュとして現れた一人の女性をきっかけに、百貨店の従業員達に不思議な出来事が起こる

    魔法を叶えてくれる白い猫の存在や文章から読み取れる星野百貨店のステキな佇まいや内装、ドアマンがいるところ、全面ガラス貼の手動エレベーターなど、キラキラした雰囲気がすごい素敵だった

    従業員のそれぞれの短編集みたいな感じだけど、コンシェルジュを中心にそれぞれの過去が描かれたり、百貨店に昔通っていた子供がおじいさんになってまた百貨店に訪れたり、繋がってくる

    百貨店は一流のプロのサービスをする。けれどそこには心を持った従業員がいるから、よりサービスを受けたいならば、お客様もプロのお客様であるべき

    百貨店の特別な空間、人生の節目で大切な物をおくるところという場所だからこそ繋がってくる人と人が暖かった

    ストーリーは一見ヒューマン系かと思ったら願いを叶える猫が当時したり、タイムスリップしたり、急にファンタジー要素が入り、ちょっとびっくりした 笑

  • 優しくて優しくて優しくて、そして温かい。村山小説は真ん中に優しさのコアがあって、その周りをたくさんのいろんな優しさが包み込んでいる。だからどこからめくっても温かい優しさがあふれ出て来る。
    悲しいけれどこの世界には多くの嫌なことが転がっている。憎しみや悪意や敵意に振り回されているからこそ、この物語の優しさに救われる。
    誰かに裏切られたり傷つけられたり、あるいは逆に自分の中のある誰かへの黒い気持ちに気付いてしまったりするとき、そんな負の感情とのバランスをとるために私たちは村山小説を求めるのかもしれない。こんな嫌なことばかりある世界だけど、もう少しここにいてもいいかもしれない、とそんな気持ちにさせてくれる。自分の中にある優しさをもっと感じてみたい、って思える。
    今回の舞台は百貨店。デパートじゃなく百貨店。小さくて古い百貨店。古いからこそそこにはたくさんの人の思いがつまっている。誰かの誰かへの思いと優しいまなざしが、金目銀目の白猫になって奇跡を起こしてくれるんだろうね。魔法や奇跡は、結局誰かの思いが起こしている、そんな気がする。
    私も行ってみたいなぁ、星野百貨店。そして魔法を使う猫に会ってみたい。そして一つお願いをしよう。かなうかな。かなうといいな。

  • 村山早紀さんの作品 と思って読みはじめた。
    あ 桜風堂物語と同じだ
    読みはじめると 登場人物が違う
    ああ 星野百貨店の物語なんだ
    いろんな職種の人の繋がりを 上手く絡めて
    面白く切なく楽しく綴られ 楽しく読めました。

  • 昭和からある小さな星野百貨店は地元に愛されてきたが、時代の波に抗えずに閉店の噂が。ステンドグラスの中にいる白い猫に会えると願い事が叶うという言い伝えの中、奇跡を信じてエレベーターガール、テナントのスタッフらはデパートを守り続ける。
    暖かく、懐かしさを感じさせる作品。「桜風堂ものがたり」舞台と同じにすると姉妹作。

  • 閉店がささやかれる星野百貨店。
    そこには「願いを叶えてくれる白い猫」の存在があった。街の人々に寄り添い、希望であり続けたいと願う従業員たち。
    それぞれの想いを胸に、もし出会ったら何を願うのか?ファンタジーの要素も感じさせる優しい物語でした。

  • 尾間木の図書館司書さんのおすすめ
    優しい気持ちになれます。

    • 2.tot-さん
      おまぎの先生と仲良くしてて安心!笑 さすがゆみちゃん!
      おまぎの先生と仲良くしてて安心!笑 さすがゆみちゃん!
      2020/05/09
  • 子供の頃、週末になると家族や1人で遊びに行った、家の近くにあった町の百貨店を思い出しながら読んだ。
    地元に愛される、星野百貨店。願いを叶えてくれる子猫の伝説を題材にした不思議だがとても心温まる物語だった。リアリティのある小説ばかり読んでいたが、どこか絵本的で懐かしく描写的ですっと入り込めた。読み終えた後は優しい気持ちになった。

  • 子どもの頃のデパートは
    休みの日に、家族でおしゃれをして出かける場所だった。
    親の買い物につきあったあと、
    最上階のレストランでお子様ランチを食べて
    おもちゃ売り場でおもちゃをひとつだけ買ってもらう。
    私はそんな思い出を持つ最後の世代かもしれない。

    不思議なことが次々と起こる風早の街。
    この街にある老舗デパートにも
    やはり幸せな奇跡がたくさん起きていました。
    この作者の物語を読むと必ず、
    子どもの頃の幸福な読書体験を思い出すのですが
    今回も、デパートの思い出と共に
    そんな記憶がよみがえって来ました。
    毎回物語のどこかに、思い出の起爆剤のようなものでも仕込んであるのかしら。。。

全218件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。著書に『シェーラ姫の冒険』(童心社)、『コンビニたそがれ堂』『百貨の魔法』(以上、ポプラ社)、『アカネヒメ物語』『花咲家の人々』『竜宮ホテル』(以上、徳間書店)、『桜風堂ものがたり』『星をつなぐ手』『かなりや荘浪漫』(以上、PHP研究所)、げみ氏との共著に『春の旅人』『トロイメライ』(以上、立東舎)、エッセイ『心にいつも猫をかかえて』(エクスナレッジ)などがある。

「2020年 『魔女たちは眠りを守る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山早紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木司
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

百貨の魔法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×