([お]12-2)みつばの郵便屋さん 先生が待つ手紙 (ポプラ文庫 日本文学)

著者 : 小野寺史宜
  • ポプラ社 (2015年2月5日発売)
3.70
  • (9)
  • (11)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :125
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591143070

([お]12-2)みつばの郵便屋さん 先生が待つ手紙 (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 郵便屋さんって大変なお仕事だなぁ…
    雨の日、雪の日、寒い日、暑い日等々。

    郵便物はポストに入っているし、書留やゆうパックなどを直接届けて下さったとしても、その方の印象はほとんど残っていなくて…

    この本を読んでから、郵便屋さんの赤いバイクが気になってしょうがない私。

  • みつばの郵便屋さん2作目。
    変わらずきっちり真摯に配達する郵便屋さんと、みつばの町の人達。ほっこり系の話。谷さんも、もうちょっと器用になってほしいものだけど関係は良くなりそうで良かった。

  • 小野寺史宜 著「みつばの郵便屋さん№2 先生が待つ手紙」2015.2発行です。誠心・溌剌なラブストーリーだと思います(^-^) 気に入っています!

  • シリーズ前作同様、作者さんと同じ価値観だと思う部分があってとてもほっとします。

  • 【あらすじ】
    みつば郵便局の配達員・平本秋宏は、ある日、配達先のマンションで不思議な女の子と出会う。不登校の少女とのやりとりが温かい「シバザキミゾレ」、転校した教え子との約束を描いた「先生が待つ手紙」など4話を収録。季節を駆けぬける郵便屋さんがはこぶ、小さな奇蹟の物語、第2弾!

    【感想】

  • 宅配業者より郵便のほうが地元感があるのはなぜだろう。配達の人の顔ってあまり見ないし覚えないけど、さすがに芸能人に激似だったら覚えるかな。今回は恋愛話は落ち着いて、お客さんや同僚のトラブル話など。読後感の良さは安定してる。

  • シリーズ第2弾。

  • あたりのきつい人とのエピソードが多くてちょっと辛いかな。
    ただ、嫌なだけの人じゃない事まで描かれているので、全体的には優しい物語になってます。
    あまり深くかかわらないようにと思いつつも、前向きな絆を結んでいく秋宏くんに心なごまされます。

  • ただ郵便を届けるだけじゃなく、その裏にあるものを大切にしている郵便屋さんの様子に心温まります。

  • 前作を読んでから大分時間が空いてしまいましたが、内容はしっかり覚えてました。殺人事件のような大きな衝撃がある話ではなく、穏やかな物語なのですが、全てが印象づく不思議な雰囲気。現実的で、こんな生活が羨ましくなります。理想的な時間の流れです。大好きです。続きも購入済みなので読みます。

全15件中 1 - 10件を表示

小野寺史宜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([お]12-2)みつばの郵便屋さん 先生が待つ手紙 (ポプラ文庫 日本文学)はこんな本です

([お]12-2)みつばの郵便屋さん 先生が待つ手紙 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に登録しているひと

ツイートする