(054)親子共依存 (ポプラ新書)

著者 :
  • ポプラ社
3.61
  • (7)
  • (11)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144237

作品紹介・あらすじ

「反抗期がなくて楽チン」なんて
いつまで子どもの面倒見続けますか?

お風呂も一緒、就活も一緒。
親ラブな子どもと、お世話を焼きすぎる親。
「仲良し」親子なのはいいけれど、それはとても危険な兆候?

反抗期は自立のための大切なステージ。
頼りすぎる子どもとお世話しすぎる親が、お互いの成長を阻害しあい、日本社会全体も未成熟な状態に陥っています。
「最優先すべきは個々の自立」と唱える著者が、日本の教育システム、家族観、世界観について問いかけなおす、意欲作。
尾木ママ最新刊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょうど子供が大学生になり、親元から旅立って寂しい思いの真っ最中。
    子離れしてると思ってたけど、実際は違うもんだなと思っていた時に、TVで尾木ママがこの本の紹介をしていた。
    自分も一歩間違えれば、干渉し過ぎるところだった。
    子供も自分で何でも決めていかないといけないのだ。
    自立していかないといけないのだから、もう親は口出ししちゃダメ。
    自分もそうやって大人になったのだから。

  • 自分の息子との接し方を考えさせられた本でした。
    正直、自分は息子の先に周りアレヤコレヤと世話を焼いている典型的な子離れ出来ていない親という事だ。
    子供の能動的な行動、主体的な行動を見守って、質問や、相談があったら答えるスタイルにしないとこりゃ大変な事になっちゃうなぁと実感しました。
    少しだけでもこうやって意識できた事に感謝m(__)m

  • 11歳の娘の私への接し方がつめたくなった寂しさを噛みしめている父です。
    それはむしろ「子どもの成長が順調であることをよろこぶべき」との本書の指摘にほっとするものの、早くその成長過程が終わらないかなと思う今日この頃です。(大学生になる頃には終わるようです)

    尾木ママはテレビで見ていたころには変わった人といった程度で何も思わなかったのですが、ラジオでちょっと長めのトークを聞いたら素晴らしい教育者だということがわかりファンになりました。

    この本で尾木ママはこんなことを書いています。

       子どもや親だけでなく、生きづらさを感じている
      すべての人々を見ると、日本という国はあまりにも
      現状への「適応」さをもとめすぎているのではないか、
      と感じることがあります。私たちはよい子、よい大学生、
      よい社会人、よい親、よい日本人になろとしすぎて
      きたのではないかと。

  • 尾木ママの本は読みやすくて例えがわかりやすい。親子の仲がいいのは良いことだが、過保護過干渉になってはいないかと気をつけてはいた。傷付けられるリスクが少ない、家庭にこもりがちになるのは頷ける。しっかり意識を持って、親は親自身のの人生を自立しなくてはと思った。

  • 親子共依存の文字に、自身の親のことが頭に浮かび、手に取ったが、ここまでではなかった。
    単純に私は遠方の大学へ行き、お金を出してもらうことができて一人暮らしをすることがきっかけで自立のチャンスを得られたからかもしれないが…。
    実家に残る兄弟が心配になりもし、また、自身の弟への接し方が依存親みたいになっている自分への危機感を感じた。
    子どもをもったときに依存しない、させないよう意識を持ちたいと思えた。

  • 子供のじりつの必要性を痛感した。

  • まさに私も親子共依存状態だと思った。
    だが、私の場合はそれは大人になってから起きている。それは、自身の病気が大きく影響している。
    しかし、病気があろうと、親以外の人と繋がりむしろよりたくましく生きていける人になりたい。

  • タイトルにぐっと惹かれ読んでみる。
    が、期待しすぎた感が...

    もっと具体的な解決策や、
    そのための深い要因分析がある本だと思ったが、
    実際は、現状こんな感じですよ~という現状把握が主だった。

    このキーワードを聞いたことはあるが、
    まだあんま知らないわ、広く浅く全容を知りたいわ。
    という方々にお勧め。

  • 子供が自立するとともに親も自立しなければならない!!
    親の過保護により、子供は親がいなければなにもできない。
    そんな状況に落ちいたら、親も子供も不幸になる。そう感じさせてくれた1冊でした!!

    ・母親と一緒に買い物したり、一緒にお風呂に入ったりする男子
    ・大学で授業参観が行われているという事実
    ・大学生の子供の単位取得のために、モーニングコールを求める親

    正直今の親子関係が怖いと思ったけど、将来自分も過保護にならないよう成長していなければと思った!!

  • 久米書店

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九四七年滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学特任教授。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、二十二年間ユニークな教育を実践。二〇〇三年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。一二年から法政大学教職課程センター長・教授を歴任。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、いじめ問題など現場に密着した調査・研究に取り組む。著書は二〇〇冊を超える。「尾木ママ」の愛称で講演活動、メディア出演など幅広く活躍中。

「2018年 『尾木ママの孫に愛される方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

尾木直樹の作品

ツイートする