([な]13-3)ヒロシマ 1960 (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591145593

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校を卒業後に東京で働くことになった和子は仕事の関係で出会った男に恋をします。

    やっぱり父性を求めてしまうのかな…と読みながら思いました。

    学校に就職と恋愛で和子の青春を描いていくのかと思ったら、しっかり広島ことが関係してきました。

    このようなことは本当にあったんでしょうね。

    真実を知り、そして大切な人を失った和子が現実をどのように生きていくのか気になります。

  • 1964年、高校を卒業した和子は、広島を離れ、東京のレストランに就職し、慣れない仕事に打ち込んでいた。そんな中、和子はある男性と恋に落ちる。幸せが続くかと思われた矢先、母の靖子が病に倒れたという知らせが届く。和子の出生の秘密が明らかとなる、激動の第二巻。

全3件中 1 - 3件を表示

那須正幹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

([な]13-3)ヒロシマ 1960 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする