何度でも、おかえりを言おう

制作 : 堀内 久美子 
  • ポプラ社
3.46
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591145654

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 老人達のシェアハウス、というのがいい。
    集まる老人達と周囲の人々は皆活き活き描かれていて、特に会話がリズミカル。
    ぽんぽんと話が進むので、テンポが自分と合っているところは気持ちいいが、少々置いて行かれるところも。
    ラストは唐突に感じたけれど、訳者さんのあとがきでフランスでは理解の下地があると知った。
    私も知っておきたい。

  • あらすじをみて気になったので。読みやすかったけど個人的には心に残らず。最後の出産シーンが印象的。

  • 老若男女・・・
    ブレーメンの音楽隊風
    いつの間にかそうなって~~
    よかったねえ

  • こうやって、関係ない人たちが一つの屋根の下で暮らせたら理想だなあ。

  • 70歳のフェルディナンは、息子夫婦から見放され、ひとりで広い農場に住んでいる。“自分の人生には、もう何も残されていない”と思っていた彼の前に、犬と、老婦人が現れる。その日を境にさまざまな事件が起こり、誰もいなかった家に、いつしか「ひとりぼっち」たちが集い、肩を寄せ合って暮らすようになる。そして、最後にやってきたのは……。
    家族ではない人々が日々の何気ないふれあいを通して、失われた人生をふたたび取り戻していく過程を、ユーモアたっぷりに描いた作品。だれかが必ず自分を必要としてくれている、と感じさせてくれる物語

全10件中 1 - 10件を表示

バルバラ・コンスタンティーヌの作品

ツイートする