([し]4-6)花咲小路一丁目の刑事 (ポプラ文庫)

著者 : 小路幸也
  • ポプラ社 (2015年10月2日発売)
3.71
  • (10)
  • (22)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :201
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591146897

([し]4-6)花咲小路一丁目の刑事 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 花咲小路で起こる細やかな事件を、刑事となって祖父母の家に居候することになった淳ちゃん刑事が解決していくほのぼのミステリー。忙しい刑事の職務の合間の非番の日を全ておばあちゃんが持ってくる相談事を解決するために奔走する淳が正直哀れ。休ませてやれよ…(´;ω;`)。でも街の個性的な人々と解決する小さな事件は事情も様々で、優しい人情で解決しているので、読後感は爽やかで良いです。シリーズ2作目を先に読んでしまったので、1作目を早く読もうと思います。

  • セイさんが出てこない…と思ったら、しっかり素敵なお姿が拝見できました。
    またまた愛すべきキャラが増え、ますます楽しい商店街になりましたね!
    梅さん好きです。かっこいい。

    色々と、続きが楽しみ。

  • 花咲小路シリーズの第2弾。
    今回は刑事になって故郷に戻ってきた主人公が、祖母の依頼により非番の日に町内の謎を解決するという構成。
    お馴染みの面々の活躍に加え謎に満ちた陰の主人公、ミケさんの存在が効いており、最後に臭わせる彼女の正体が今後への期待感を煽っている。
    ますます続きが楽しみだなぁ。

  • のんびりしたストーリーだ。内容が緩いタッチなので、僕にとってはあまり印象的ではない。もう少しひねりというかインパクトがあってもいいかな。そうなると、この著者の別の作品である東京バンドワゴンと似たようなものになるかも。僕としては、東京バンドワゴンのほうが印象的だ。

  • 下町の温かいところが感じられる作品です。自分がいた東京もこんな感じだったかな?それにしても本当に御飯がうまそうになる作品が多いですね。心も元気になります。

  • 田舎の商店街に戻ってきた刑事さんの話。

    四丁目の彼らも出てきて また街の問題を解決。
    優しい街の本はまだ続くようですね。

  • 和食屋の孫が刑事になって帰ってくる。非番の日には町のちょっとした謎解きを頼まれる。ミケちゃんといい感じに。

  • 悪人がいない(厳密には、いないわけじゃない)後味が悪くなることがない安心安定。
    でも、読ませるのは
    簡単に予想ができないことがあるから。
    ドラマ化しそうだなー。
    誰がいいかなー。

  • ストーリー ★★★★☆
    ほのぼの度 ★★★★★
    恋愛    ★☆☆☆☆

    主人公は刑事ですが、おどろおどろしい雰囲気は皆無。
    非番の日に、近所の商店街で起こるちょっとした事件を解決していきます。
    5つの短編で構成され、一人称でとても読みやすいです。
    メインの登場人物がみんな良い人で、ほっこりします。
    ちょっとした恋愛模様も、あったりなかったり…
    読み終わって、心が温かくなりました。

  • 花咲小路商店街シリーズの第2弾。主人公は和食処あかさかの孫で刑事に代わって、主人公が非番のたびにご近所のささやかな謎に挑む構成になっています。
    短編集ですが、作品をとして謎めいた存在としてミケさんが背後に見え隠れし、そしてそのバックにはやはりあの人がいるわけです。
    まだまだ続いて欲しいシリーズですね。

全18件中 1 - 10件を表示

([し]4-6)花咲小路一丁目の刑事 (ポプラ文庫)のその他の作品

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([し]4-6)花咲小路一丁目の刑事 (ポプラ文庫)はこんな本です

([し]4-6)花咲小路一丁目の刑事 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする