恐竜は今も生きている (ポプラサイエンスランド)

著者 :
  • ポプラ社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591147191

作品紹介・あらすじ

次々と羽毛が発見され、その使い道や生態、色など新しいことが分かってきた恐竜。その姿のイメージも昔の図鑑からは大きく変わってきています。最新研究をもとに、恐竜が羽毛をつかってどのようにくらし、空へと生活圏を広げて鳥へと進化していったのかを描く、恐竜好きの子どもたちにぴったりのサイエンス・ノンフィクションです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [墨田区図書館]

    進化について気にし始めた小1の息子のために片っ端から「進化」をキーワードに図書館検索して借りてきた一冊。

    ただやはり基本は恐竜についての本だった(汗)。そして真っ黄色の表紙に書かれた、印象的な羽毛タイプのティラノザウルスの絵から、もう少し絵本的な作りかと思ったけれど、、、それは1章に入る前の序章での数ページのみ続いた作りで、本編はほぼ文章による、やや高学年向けな本。

    ただ、寝物語にさらっと読み流したことと、これまでに「骨盤とその作り」による動物の分類について多少認識していたことから、「ちょっと前まではティラノザウルスとかは、ワニとかのツルツル?の肌をしていて、トカゲとかの爬虫類とかに近い動物と考えられていたんだけれど、最近羽毛つきの化石が見つかったことや骨盤の作りから、鳥の子孫として認識されてきてるんだよ、この本はそのことについて描かれた本だね」いう大雑把な説明で"何となく"主旨を理解しつつ、最後までさほどあきることなく流し見できた。

  • 羽毛について夏休みの自由研究に使えた。仕組みがわかった。

  • 進化論的な側面もある本。でもさー、ふさふさのティラノサウルスってなんかイヤ(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1966年福島県生まれ。肉食爬虫類研究所代表。爬虫類・恐竜研究家。世界各地の恐竜発掘現場を取材し、古生物を題材とした映像作品の科学的考証に数多く関わる。恐竜や生き物に関する著作・監修も多数。

「2019年 『やわらかパズルえほん きょうりゅう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富田京一の作品

ツイートする