魔法の庭ものがたり18 エイプリルと魔法のおくりもの (ポプラ物語館)

  • ポプラ社
4.08
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591147559

作品紹介・あらすじ

大好きなピアノが、思うようにひけなくなって、すっかり落ちこむエイプリル。
ジャレットは、そんなエイプリルをなんとかはげまそうとしますが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 才能、"Gift"について書かれた子供向きの本

  • 今回はいくつかの香り。勇気と自信と好きかぁ。

  • 好きこそ才能

    今回のテーマは
    珍しくヒットせず

  • 自信をなくしたエイプリル。
    元気付けようと誰もが持っているはずの人にはない特別なことを探すことになったジャレットとスー。
    授かり物「ギフト」とはいったいどんなものなのか。

  • 友達を応援することが、自分の大切なことや楽しみに気づくようになっていく。読んだ子供達も、自分のこととして考え、好きなことに自信を持つきっかけになったらいいと思う。
    伝えたいと思われるテーマの書き方が、私には説明的でくどいように感じたが、とても人気のシリーズなので、子供達にはよく伝わっているのだと思う。
    挿絵はお話と合っている。
    小学校中学年くらいから。挿絵、お話の雰囲気は女の子向き。ハーブを使ったレターフレグランスの作り方付き。

  • 自分のギフトってなんだろうってふと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

【あんびるやすこ・作・絵】  群馬県生まれ。東海大学日本文学科卒業。テレビアニメーションの美術設定を担当。その後、玩具の企画デザインに携わり、絵本、児童書の創作活動に入る。主な作品に、「魔法の庭ものがたり」シリーズ(ポプラ社)、「こじまのもり」シリーズ『せかいいちおいしいレストラン』(ひさかたチャイルド)、「ルルとララ」シリーズ、「なんでも魔女商会」シリーズ、「アンティークFUGA」シリーズ(岩崎書店)『妖精の家具、おつくりします』『妖精のぼうし、おゆずりします』(PHP研究所)などがある。

あんびるやすこの作品

ツイートする