(100)徹底解説! アメリカ (ポプラ新書)

  • ポプラ社
3.60
  • (2)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591151129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大統領選の解説本。出版後すぐに図書館に予約を入れたが、回ってきたのは、トランプ政権が動き出した後、、、orz それでも、十分読める本である。池上さんが分かりやすく、俯瞰的で冷静な解説をし、増田さんの現地レポートが、現場の熱を伝えている。
    ヒラリーの嫌われっぷりがすごい。中央政府への強い不信感。政治のプロ、よりも、自分達の代表を信じる。トランプのメッセージは、そこを突いていたのだと、事後だが気がついた。
    日本では報道がほとんどなかった民主党候補バーニー・サンダースの選挙戦が印象的。

  • 少し前の本だけど、今のアメリカの状況とトランプ大統領が選ばれた背景がよくわかる。おすすめ。

  • あまり面白くない。一般的にテレビで取り扱っていた情報以外は得られなかった。
    しかし本書ではあくまで中立に近いスタンスで書いてはいるが、トランプというめちゃくちゃな大統領候補がいたんだ。というスタンスで書かれている。まさかその男が大統領になるとは思わなかっただろう。世界は変革の時を迎えている。既存勢力は駆逐され、混乱に満ちた社会になってきている。その中で保守の自民党、二世議員ばかりの自民党安倍政権が勝ち続けている異常事態について取り上げて欲しい所だ。安倍政権に対してそこまで悪い印象はないが、対抗馬のない政治とはなんとも不安定だ。4年ごとに二大政党が争うアメリカが羨ましい。

  • アメリカの大統領選挙の仕組みがよくわからず、新聞を読んでも???のことがあったので、慌てて購入。ようやく複雑怪奇な仕組みをなんとなく理解したつもり。勝者総取り方式って、変なの。

    「隠れトランプ」の存在が気になる。どうやら新上流階級(ボボス)もキーになっているようだけれど、どれだけ理解できているか自信なし。本書で出てくるティーパーティー運動家と同じ層なのか、違うのか?まだいまいちつながらない。

    そして、気になるのは炎上商法をトランプが意識的に活用したということだ。アメリカだけでなく、世界中いたるところで、今、アメリカが抱える問題を抱えている。日本も例外ではない。自分たちだけが良ければいいという人が主流になっていることが恐ろしい。

    さて、ここから私たちが考えるべきことは何のか。急がずぐずぐずとでも冷静に分析していきたい。

  • 結局、誰しもが嫌われものなのかね?サンダース候補ぐらいがまともなのかな?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

(100)徹底解説! アメリカ (ポプラ新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする