(102)SNOOPYと学ぶアメリカ文化 (ポプラ新書)

著者 :
  • ポプラ社
2.62
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 33
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591151426

作品紹介・あらすじ

コミック多数掲載!
スヌーピーたちの暮らしぶりから、大国・アメリカの本当の姿が見える

オバマ大統領が「アメリカの宝」と絶賛した国民的コミック『スヌーピー(原題『PEANUTS』)は、単なるコミックではなく、アメリカ人の考え方や国の成り立ちがわかる良質な参考書でもあった。
アメリカで子育てし、娘と一緒に『スヌーピー』を読んできた著者だからこそ語れるアメリカとは。

・相談ごとは、精神科医に。オープンというわけでもない、実は孤独な大人たち
・「訴えてやる」が口癖の女の子たちに見る、訴訟社会とは
・聖書をつかったユーモラスな表現がたくさん。キリスト教国家・アメリカの意外な一面
・オバマ大統領が「アメリカの宝」と絶賛。歴代の大統領や知識人がひかれる「PEANUTS」の奥深い世界とは?

SNOOPY公式サイト
https://www.snoopy.co.jp/

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ピーナッツ」の英語解説を交えながらアメリカの子供達の生活の一部を紹介していた。
    アメリカ文化と題にありますが、ほぼエッセイです。想定していた内容とは違いましたが、面白かったです。

  • 蔵書整理で手放すので、再び出会い読む日もあるか

  • なんの資料もなく作者の実体験とごく身近な人の話のみで語られるアメリカ。スヌーピーとの思い出もややこじつけのよう。文章に無駄が多い気がする。
    タイトルからアメリカの流行と伝統の文化を論じてくれるのかと思い読んでみたらガッカリ。

  • スヌーピーのお話を紹介しつつ、アメリカ文化も英語の解説も入っている。筆者の体験談もつづられているので、エッセイ本に近い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

加藤恭子(かとう・きょうこ)
1929年、東京生まれ。早稲田大学大学院仏文科博士課程満期退学。ワシントン大学研究助手、1965-72年、マサチューセッツ大学特別研究員。1973年より上智大学講師を経て、1995年同大学コミュニティ・カレッジ講師。地域社会研究所理事を経て、現在第一生命財団顧問。なお、現在も「ノンフィクションの書き方」講座の講師を22年にわたり続けている。
専攻は、フランス中世文学。

「2017年 『歳のことなど忘れなさい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤恭子の作品

ツイートする
×