改革

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591152973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  このように起きてほしくないような事態が起きるのが試合というものです。
     ただしこれは柔道だけでなく、日々の生活も同様ではないでしょうか。毎日がすべて順調に、何の問題もなく過ぎていくことのほうがむしろ稀なことです。
     それなのに人間は最悪の事態への準備が不足しがちです。なぜでしょうか?
     それは「根拠のない楽観」が引き起こすことだと私は考えています。
     人は、起きてほしくない事態は、なるべくなら想像したくありません。苦手なことや、うまくいかないことを想像するのは苦しいし、楽しくないからです。そのうち、どこからともなく過信を引っ張り出し、「自分ならきっとうまくいく」と都合よく考えてしまうのです。

    「生まれつきトラみたいな人間はいる。しかし、数は少ない。だからトラみたいな人間は作ればいいのだ」
     その意味するところはこうです。
    「地球上にはトラのようにどう猛な激しい気性と、筋骨隆々の肉体をあわせ持っている競技スポーツに適した人間が存在する。でも、ごくごく少数。そんな人間が柔道をやっていたらかなりの幸運というくらいの確率だ。だから、世界で勝つ人材を作るためには、トレーニングによってトラのような人間を作らなければならない」

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1978年宮崎県生まれ。柔道日本代表男子監督。東海大学体育学部武道学科専任講師、東海大学柔道部副監督。シドニーオリンピックで金メダルを獲得、世界選手権(三連覇)、全日本選手権(三連覇)でもタイトルを獲得し、三冠を達成。伝統を継承しつつ、新しいものを取り入れる指導を信条としており、選手からの信頼は厚い。

井上康生の作品

ツイートする