(115)猫の學校: 猫と人の快適生活レッスン (ポプラ新書)

著者 : 南里秀子
  • ポプラ社 (2017年1月11日発売)
4.22
  • (5)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153208

作品紹介・あらすじ

5万匹の猫をお世話した「猫のプロ」が教える、子猫からお年寄り猫まで今すぐ役立つ猫知識! 

●猫の一生は生後2ヶ月で決まる!
●耳、ヒゲ、しっぽでわかる猫の感情
●猫のゴロゴロ音は人の不調も恢復させる!
●猫嫌いな人はなぜ猫に好かれるのか?
●あぶないキャットフードの見分け方
●動物病院、どう探す、どう選ぶ?
●かわいい猫には留守番をさせよ!
●猫といっしょの防災、引っ越し
●猫の一生にかかるお金はどれくらい?
●老猫とのつき合いはキュアからケアへ
などなど、この一冊で猫のすべてがわかります!

空前の猫ブームとなっている昨今ですが、初めての猫との暮らしがうまくいかなかったり、長寿となった猫の介護に悩む人も増えているようです。留守番猫をサポートするキャットシッター歴25年の「猫のプロ」が、人と猫が家族としてずっと幸せに暮らす秘訣を伝授します!
 

【著者プロフィール】
なんり・ひでこ。1958年生まれ。1992年、猫専門のシッティングサービスを創業。2002年、猫の生涯保障部門を開始、2006年「猫の森」として法人化し、シッター育成や猫に関するワークショップを展開している。著書に『それいけ、キャットシッター!』『猫パンチをうけとめて』『猫と暮らせば』『猫の森の猫たち』『猫と人と古民家と』などがある。

(115)猫の學校: 猫と人の快適生活レッスン (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひょんな縁から仔猫を引き取ったのですが、警戒心が強くなかなか隅っこに隠れたまま出てこないクロちゃん。以前からうちにいるミーの存在もあって慣れるのには時間がかかるだろうなぁ、と思うものの、なんとかならないかしらと本著を読んでみました。特に目新しいことはありませんでしたが、猫にもそれぞれ性格があり、個性を認めてそれに合った対応をしていかないとね、と思いました。

  • すごく良いです。
    ねこと暮らしている人、これから暮らそうとしている人、ねこ好きな人には、最高の本です。
    ねこ愛にあふれています。
    知らないこと、そうなんだと目から鱗のことが山ほど。
    勉強になりました。

  • 「猫を飼う」でなく「猫と暮らす」、はいっ!!。1958年生まれ、キャットシッター歴25年、5万匹の猫のお世話をした猫のプロ、南里秀子さんの「猫の学校」、2017.1発行です。猫と暮らして4年半ですが、猫と人の快適生活に必要なことが網羅されてる気がします。①十猫十色、一匹として同じ猫はいない ②耳・瞳孔・ヒゲ、しっぽでわかる猫の感情 ③猫は二匹で がお薦め(その良さが理解でき、3w試しましたが、我が家の猫は馴れてくれませんでした・・・)④室温は夏28度、冬22度を目安に ⑤食べ残しは捨てて食器は毎回洗う 等

  • 猫には今しかない。後で〜はないと教えられた。目からウロコだった。

全4件中 1 - 4件を表示

(115)猫の學校: 猫と人の快適生活レッスン (ポプラ新書)のその他の作品

南里秀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太田 康介
岩合 光昭
ねこまき(ミュー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

(115)猫の學校: 猫と人の快適生活レッスン (ポプラ新書)はこんな本です

ツイートする