かがみの孤城

著者 : 辻村深月
  • ポプラ社 (2017年5月11日発売)
4.35
  • (432)
  • (281)
  • (102)
  • (9)
  • (8)
  • 本棚登録 :2912
  • レビュー :393
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153321

かがみの孤城の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • くぅ~~また心を持っていかれてしまったよ。
    辻村さんの文才には参ってしまう。
    最後の最後まで話がどう流れていくのかわからなかった。

    でも年代がきっと違うなっていうのは感じたけど。
    狼面の少女もそういう事かって思ったらウルっときました。

    大人もそうだけど、中高生に読んでもらいたい。

  • 学校での居場所がなくなり不登校になった主人公こころ。
    ある日自室の鏡が光出しその鏡を通ると異空間の城に繋がっていた。そしてそこには同じ様な境遇の7人の子供達。その城に通うようになり、時間を共に過ごして行くうちに、なぜ7人の子供達がこの場所に集められたのかが徐々に明らかにされていく。全てが分かった時に驚きと感動が訪れる。また、子供目線の生きづらさがよく描写されており、子供が読んでも良いし、子を持つ親が読むのも良い作品だと思う。

  • 「人の心の痛み」に鈍感な人がいる。
    悪意があるとかないとかは別にして…。
    そんな人たちによる言動に傷ついたココロがファンタジーの世界で寄り添った。
    自分だってつらいのに そのつらさを乗り越えて誰かを助けたいと思った。その勇気がみんなを一歩前進させた。

    中学生の悩み、痛みとして書かれているけれど、ホントにつらいことだけど敏感なココロを持った人は一生、この痛みと戦わなければならない。繰り返す。人の気持ちに鈍感な人は確実にそこそこにいるから…。

    こころちゃんの初めての戦い。
    痛々しすぎて 涙が出た…。
    大丈夫。温かな気持ちに支えられて こころちゃんは成長していく。
    ココロの痛みを知っている人は人のために戦える。

  • 正直、展開は読めてしまって驚きはない。
    でも確かに救いがあるし、未来があった。
    どんな時代に生きていたってこの年頃の世界は厳しい。

    次は私の番、と言い切って、こころに手を差し伸べるアキを抱きしめてあげたくなりました。

    みんな、幸せになれ。
    がんばれ。

  •  作者としては久しぶりのファンタジー小説。
     中学校でのいじめから登校できなくなった安西こころは、部屋で引きこもっている中、別世界へ通じる不思議な鏡を抜けて”オオカミさま”が支配する城に迷い込む。そこには、こころと同じ境遇の六人の中学生たちも招かれていた。こころは他の子たちと徐々に打ち解けながらも、自分の抱える悩みに押しつぶされそうになり、ついには状況を打開するために、みんなで学校へ行く計画を立てるが、思わぬ事実が明らかになる。

     絵に描いたようなファンタジーの設定だが、中身はリアルないじめに遭っている子どもたちへの励ましとエール、そして「大丈夫だよ」と優しく勇気づける気持ちに溢れた慈愛小説。かつてファンタジーを書いていた作者が母親になり、新たな境地を開いたというところか。一作品ごとに書くテーマが大きく深くなっていく気がする。

  • 2018年:本屋大賞受賞作!

    あれ、と思った。
    この著者はこんなにたどたどしい文章を書く人だったっけ、と。
    おそらくその理由は、主人公の心がたどたどしいーーうまく口に出せない諸々の思いがあってーーからではないのか。
    物語はどんどん面白くなっていく。
    長い話だがそれを感じさせない。
    著者の初期の作品、私が大いにはまって読んでいた頃の、『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』(傑作!)を思い起こさせる。

    「オオカミさま」は一体誰?
    どうしてこの子たちはここに集められたのか?
    それぞれの願いは叶うのか?
    一歩、踏み出せるのか。

    私たちはーーこの子たちと同じくらいの子供の頃からずっとーー孤軍奮闘している。
    周りは誰もが敵だ。
    大人は全く見当違いのところしか見ておらず、自分の思うようにならないからと平気で悪い評価を下してくる。
    同級生たちからは昨日まで仲が良かったのに、今朝になったら急に嫌い、かと思えばまた近寄り、すり寄ってきたかと思えばまた心を傷つけて去っていく。
    「助けて」という相手なんか、いない。
    でも、とあの頃の私よりずっと大人になった私は、唇をかみしめているあの子に声をかけたい。

    ”あんな子”なんてどこにだっている。
    許せなくてもいい、理解できなくてもいい、だからこそあなたは悲しみの淵に飛び込もうとしている子の手を引いて抱きしめる側になればいい。
    きっとなれるよ、決して一人なんかじゃない。
    私はあなたの上げる、か細い狼煙を見逃さない。

  • 色々な理由で学校へと行けなくなった7人の中学生。
    家の鏡を抜けるとそこは不思議なお城だった。
    現実感溢れるファンタジー。

    ひたすら親目線で読んでました。
    もし娘が同じ状況になったら、私はどうするのだろう。
    娘にとって安らげる場所を作ってあげれるのか。
    学校以外の選択肢も沢山あるんだよ!とうまく伝えられるのか。待つことが出来るのか。
    私はきっとうろたえるだろうな。とても悩んでしまうだろうな。
    でも、貴女は何処へ行ってもいいし行かなくても良いんだよ、と、そんな風に言える親になりたいなと
    7人の戦う中学生たちを見ながら思いました。

    早い段階から『こうなるだろうな』と予想できてしまい
    今回は珍しく全問正解。
    私の予想は大体当たらないから、ちょっと嬉しい。

    戦っている子供たち、貴方の居場所はきっとこれから先
    沢山増えてくるから大丈夫。
    そんなエールを送りたくなる一冊。

  • とても、よかった。
    辻村さんにしか書けない作品だと感じた。

    大体中学生の頃は憂鬱だった、
    楽しいこともあったけど、
    天気でいうといつも曇りだった。

    だから、なんていうんだろうか、
    この時期ってほんと大変だ。
    当人も親も。

    親になってからは
    どうにか無事にこの時期を過ごしてほしいと思っていた。

    多くの思春期の子に、
    喧嘩して腹を立てて、仲直りできる同年代の友達と
    進む道は一つではないと言ってくれる
    視界の広い大人と出会ってほしいと思う。

    切に願いまする。

  • かがみの弧城。
    辻村深月さん。

    気づいてほしい。という願望。
    これまで充分闘ってきたように見えるし、今も、がんばつて闘ってるように見える。
    もう。闘わなくて、いいよ。
    たかが学校のことなのにね。
    不登校の子ども達が、
    かがみの中に入って過ごす話。
    その子の気持ち。
    その親の気持ち。
    いろいろな気持ちに、
    共感して、
    どんどん読み進めてしまう。
    最後は……。
    書くのがもったいない。
    読んでほしい。
    素敵なストーリーでした。
    おもしろかった。

    #辻村深月
    #本#本好き#活字中毒#読書#読書日記#小説#読書好きな人と繋がりたい#本好きな人と繋がりたい#図書館#本が好き#本大好き#読了#至福の時#読書日記#図書館#図書館好き#読書記録#読了#至福の時
    #おもしろい
    #おすすめ



  • 細かいところに張り巡らされた伏線が読んでいくにつれて上手く回収されていき、最後に全て繋がった時に放心状態になりました。スバルとマサムネの約束やアキのその後、こころの願いが叶ったことやウレシノの勇気やフウカの気持ち、リオンとオオカミさまの関係に胸が熱くなりました。 一人一人の想いや考えが伝わってきて、全員が主人公だという事が良くわかりました。 最終的にオオカミさまの正体や城を作った意図まで全て明らかになって気持ちよかったです。

かがみの孤城のその他の作品

かがみの孤城 Kindle版 かがみの孤城 辻村深月

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
辻村 深月
有川 浩
恩田 陸
辻村 深月
三浦 しをん
西 加奈子
東野 圭吾
辻村 深月
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする