([せ]2-1)新しい単位 (ポプラ文庫)

  • ポプラ社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591154090

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計40万部の
「サブカル伝説の書」にして、
人気イラストレーター五月女ケイ子の
デビュー作が、発売16年目に
して初の文庫化!

「だらしなさ」「女々しさ」「日本人っぽさ」…
程度を示す尺度がむずかしい
31の事象に「単位」をつけて、
イラストで解説していきます。

************
(前書きより)
新しい単位を作る……この企画の元になったのは、
随分前にチェーンメールとして話題を呼んだ
「痛みを表す単位 hanage」です。
鼻毛を一本抜いた痛さを基本単位とするというもの。
確かに痛みを表す単位があったら非常に便利。
だったら痛み以外にももっといろいろなものに
単位があったっていいじゃないか!
そんな思いから「世界単位認定協会」は発足しました。

では、いかにしてこれらの単位は生み出されたのでしょうか。
まず、単位が必要だと思われる項目を列挙し、
その数は436にものぼりました。
その中には「やさしさ」「怖さ」「もどかした」といった
本書にも登場するようなものから、
「フェレットっぽさ」「独身貴族らしさ」など
ちょっとどうかと思われるものも多数含まれていました。
結局、採用されたのはご覧のように汎用性の高い項目ばかりでした。

項目が決まれば、続いての作業は単位名とその定義の決定です。
基準となる単位があまり大きくてはいけません。
ほとんどを小数点以下で表さなくてはいけない……
それは単位として何だかなあといった感じです。
この作業は12000Yg(ユギリ)の面倒くささでした。
しかし、それを543Ah(ア~ハン)のプロっぽさで乗り切り、
新たな単位が生み出されていったのです。

本書は実用書です。
本来ならば「冠婚葬祭入門」や「正しいハムスターの飼い方」といった本と
並べていただきたいところです。
ですから、読みものとして愉しんでいただくだけれはなく、
本書に登場する単位を覚えて、
「今日のドラマ、792Mr(マロン)だったね」だとか
「チャックが開いてるのに気づかなくて、13mc(ムギチャ)だったよ」といった具合に、
実際に生活の場で使っていただけることを願って止みません。

世界単位認定協会の作品

ツイートする
×